北海道 気温は3月を先取り

tenki.jp
今朝(28日)の道内は昨日ほどではないものの、冷え込みが強まりました。7時までの最低気温は、上川地方の占冠で氷点下26.1度、札幌も氷点下8.4度と、内陸を中心に平年より4度前後低くなりました。しかし、今日の日中は昨日より3度ほど高い気温となります。今日で2月は最後となりますが、3月を先取りした気温になりそうです。

再び日中は水たまり 落雪にも注意

今日(28日)の予想最高気温は、全道的に3度前後で、広い範囲で3月中旬から下旬並みとなります。札幌では週末に20センチ以上の雪が降り、歩道は積雪状態の所が多くなっています。日中は雪が解けて、路面には大きな水たまりができるでしょう。外出の際は、撥水加工の効いたものを着用したり、泥はねしても目立たないような色を心掛けたほうが良さそうです。足元にも注意が必要ですが、屋根や木からの落雪が起きやすくなるため、頭上にも注意が必要です。

今週 入学式の頃の気温の日も

3月1日水曜日と2日木曜日は、道央や道南を中心に4月上旬並みの気温となります。日中の最高気温は、札幌も7度くらいまで上がって、日中は今日より更に雪解けが進むでしょう。2日木曜日から3日金曜日にかけては発達する低気圧の影響で東部を中心に荒れた天気となる恐れがあります。今日と明日の穏やかな天気のうちに、雪解け水が流れやすいように氷割り作業をしたり、排水口に向けて雪解け水の通り道を作っておいたほうがいいでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック