日本海側は引き続き大雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側は引き続き大雪に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
気象衛星

気象衛星

日本海側は広く雪で、引き続き大雪に警戒。太平洋側も所々で雪が降り、西日本の山地で大雪の所も。

今朝にかけて日本海側は大雪

きのう(23日)から冬型の気圧配置が強まり、日本海側は広く雪が降っています。特に、山陰から兵庫、滋賀県にかけて雪が強まりました。きょう(24日)午前7時までに降った雪の量は、鳥取県の智頭で84センチ、大山で75センチ、兵庫県の兎和野高原で52センチなどです。午前7時の積雪は、鳥取県大山で213センチと、今シーズン初めて2メートルを超えました。平地でも積雪が急増し、鳥取市で52センチ、松江で35センチ、滋賀県の彦根市で34センチとなっています。この後も、雪の量はさらに増えそうです。

日本海側は広く大雪に警戒、太平洋側も西日本の山地を中心に大雪

きょう(24日)も冬型の気圧配置が続くでしょう。日本海側は北海道から九州まで雪が降りやすく、引き続き大雪に警戒が必要です。一方、太平洋側にも雪雲が流れ込み、所々で雪が降るでしょう。あす(25日)の朝にかけて、西日本の山地を中心に大雪となる所がありそうです。雪や路面凍結による交通障害などに警戒や注意をしてください。
あす(25日)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、
北陸地方              60センチ
東北地方、中国地方         50センチ
関東甲信地方            40センチ
東海地方              30センチ
北海道地方、近畿地方        25センチ
四国地方              15センチの見込みです。

北海道で氷点下30度以下 東京も8日ぶりに冬日

けさは、全国的に冷え込みが強まりました。特に、北海道では氷点下30度以下まで下がった所がありました。午前7時すぎまでの最低気温は、上川地方占冠で氷点下32度8分、上川地方幌加内町朱鞠内で氷点下32度1分、上川地方下川町で氷点下30度7分となりました。また、旭川は氷点下22度5分、札幌は氷点下12度8分と、北海道は今年一番の冷え込みになった所が多くなりました。また、東京都心は氷点下1度9分まで下がり、16日以来8日ぶりの冬日となりました。広島は氷点下0度8分、高知は氷点下1度7分、鹿児島は氷点下0度2分と、東日本や西日本でも冷え込みが強まりました。
日中の最高気温は、旭川は氷点下12度、札幌は氷点下6度、青森は氷点下1度、仙台1度、金沢2度、東京と広島は7度、名古屋と大阪は5度、高知は8度、福岡6度、鹿児島は9度の予想です。ほぼ全国的に平年を大きく下回り、厳しい寒さの続く所が多いでしょう。北海道はきのうより一段と冷え込みが強まる見込みです。きょうは一番暖かいコートを着てお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい