西日本は寒い冬に 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

西日本は寒い冬に 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう(25日)気象庁から3か月予報が発表されました。ラニーニャ現象の影響で西日本は寒い冬になりそうです。

【11月】平年並みだが寒暖の変化大きい

【気温】全国的に平年並みの予想です。ただ、西日本や北日本では寒気が流れ込んで、一時的に平年を下回ることがありそうです。寒暖の変化がやや大きくなるでしょう。なお、気温の高い状態が続いていた沖縄では、次第に平年並みに近づく予想です。
【天気】
長続きはしないものの、冬型の気圧配置になる日もあるでしょう。このため、北陸から北の日本海側では例年より雨または雪の日が多い予想です。そのほかは太平洋側を中心に晴れる日が多い見込みです。

【12月】西回りで寒気流れ込む 日本海側では大雪に注意

【気温】ラニーニャ現象の影響で偏西風は、大陸の東部から西日本にかけて南に大きく蛇行しそうです。このため、西日本では西回りで大陸からの寒気が流れ込みやすく、平年より低くなるでしょう。北日本と東日本では平年並みの予想です。
【天気】日本海側では、雨や雪の日が多いでしょう。この時期は、まだ日本海の海面水温が高いため、いったん強い寒気が流れ込むと雪雲が発達して大雪になることがありますので注意が必要です。太平洋側では晴れる日が多い見込みですが、北日本の太平洋側では例年より冬晴れの日が少ないでしょう。

【1月】西日本では厳しい寒さ続く

【気温】引き続き西日本では、大陸からの寒気が流れ込みやすく平年より低いでしょう。東日本と北日本は、ほぼ平年並みの予想です。
【天気】日本海側では雪や雨の日が多い見込みで、大雪となる日もあるでしょう。また、西日本に寒気が流れ込みやすい影響で、沖縄と奄美でも天気がぐずつきそうです。太平洋側では晴れる日が多い予想ですが、南岸低気圧の通過で雪の降る日がありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい