鳥取県 あすと金曜の雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鳥取県 あすと金曜の雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

21日、昼過ぎに最大震度6弱の地震のあった鳥取県中部。特に揺れの強かった倉吉市、湯梨浜町、北栄町を中心に今後1週間の天気をお伝えします。

あすは昼頃から雨

あす23日、日曜日は雲に覆われ、昼頃からは次第に雨が降るでしょう。あすは雨脚の強まることはない見込みですが、強い揺れで家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている恐れがあります。少しの雨でもご注意下さい。
昼頃から次第に風もやや強まりそうです。ブルーシートなど飛ばされやすいものは固定しておくと安心です。
あすの朝は今朝ほどではないですが、冷える見込みです。日中の気温も20度に届かないでしょう。次第に雨が降り、北東の風もやや強まり、ヒンヤリ感じられそうです。体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。

この先、朝晩はさらに冷える 金曜は雨

月曜日から木曜日にかけては晴れや曇りの天気で、今のところ大きな天気の崩れはないでしょう。日中の気温は20度くらいの日が多いですが、水曜日は25度近くまで上がり、体を少し動かすと汗ばむくらいになりそうです。
朝晩は冷える日が多く、特に火曜日の倉吉市の最低気温は9度と今シーズン一番下がる可能性もあります。できるだけ暖かくして、体調を崩さないようお気をつけ下さい。
金曜日は再び雨が予想されています。今のところ、雨量が多くなることはなさそうですが、引き続き土砂災害に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい