台風13号 地方ごとの雨の注意期間 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風13号 地方ごとの雨の注意期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風

台風13号と本州に停滞する前線の影響で、8日にかけては広い範囲で滝のような雨が降り、大雨となる恐れがあります。地方ごとの雨の注意期間をまとめました。

雨はいつまで注意?

台風13号は、きょう7日午前9時現在、種子島の南の海上を東北東へ進んでいます。一方、本州付近には前線が停滞しています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでおり、あす8日にかけては前線の活動がさらに活発になるでしょう。全国的に大気の状態の非常に不安定な状態が続き、広い範囲で滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。
地方ごとの雨の注意期間です。
【近畿】
きょう正午現在、和歌山県南部に発達した雨雲がかかり、土砂降りの雨となっている所があります。強い雨のエリアはさらに広がって、あす8日の朝にかけては近畿南部や近畿中部を中心とした広い範囲に活発な雨雲がかかるでしょう。局地的には非常に激しい雨が降る見込みです。ピークが朝の通勤・通学の時間にあたる可能性があるため、あすは少し早めに起きて、豪雨レーダーなどで雨のようすをチェックするとよいでしょう。
【東海】
きょう夕方から、あすの昼頃にかけて激しい雨が降る見込みです。特にあす朝から昼前にかけては、傘が全く役に立たないほどの非常に激しい雨の降る所があるでしょう。水しぶきで一面が白っぽくなり、視界が悪くなるほどです。人や車の動きが活発な時間帯ですので、時間に余裕をもって行動し、無理をして先を急がないようにしてください。
【関東甲信】
きょう明け方に群馬県の渋川市付近と東吾妻町付近で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。正午現在は茨城県に活発な雨雲がみられます。今、雨のやんでいる所も油断できません。あすにかけては、いつどこで非常に激しい雨が降ってもおかしくない状態です。特にあすの昼前後は雨のピークとなりそうです。
【東北】
あす昼頃から激しい雨や雷雨となるでしょう。太平洋側では、あす昼過ぎから夜にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。特に岩手県では、あす夕方から、あさって9日の未明にかけて激しい雨が予想され、外が暗い時間に雨のピークとなるでしょう。がけ崩れや山崩れが発生したり、低い土地に水が流れ込んだりする恐れがあります。河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。
【北海道】
あす夜から、あさって9日にかけて、雷を伴い激しい雨の降る所があるでしょう。これまでの台風などによる大雨により、すでに地盤の緩んでいる所や増水している河川があります。8日からの雨で、新たに土砂災害や洪水が発生する危険度が再び高まります。今後の気象情報や自治体が発表する情報をこまめに確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい