台風7号 再発達し、三陸沖で暴風域も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風7号 再発達し、三陸沖で暴風域も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風7号は再び発達。中心付近の最大風速は今日(17日)正午には30メートルとなり、三陸沖で暴風域ができました。この勢力を維持したまま、北海道に接近、上陸する予想です。

台風7号 最発達 暴風域伴う

台風7号は、中心付近の最大風速が16日には少し弱まりましたが、今日(17日)は再び発達し、三陸沖で暴風域ができました。中心付近の最大風速は午前9時に25メートルでしたが、正午には30メートルと強まっています。今後、この勢力を維持したまま、北海道に接近、上陸する予想です。
北海道では夕方から風が急激に強まるでしょう。予想される最大風速は太平洋側の陸上23メートル、海上30メートル、オホーツク海側の陸上20メートル、海上25メートルです。瞬間的には陸上で35メートルの走行中のトラックが横転するような風が吹き荒れる恐れがあります。暴風に警戒して下さい。
また、台風の北側に延びる前線の影響で、北海道には発達した雨雲がかかっていますが、夕方から夜のはじめ頃にかけては、台風本体の雨雲がかかるため雨の降り方がさらに強まるでしょう。太平洋側では恐怖を感じるような猛烈な雨の降る恐れがあります。大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒して下さい。また、太平洋側東部では、17日夜は高潮による低い土地の浸水にも警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい