台風7号 関東への接近早まる 影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風7号 関東への接近早まる 影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風7号はこれまでの予想より関東への接近が早まる見込み。明日、16日(火)の夜から17日(水)の明け方にかけて、関東に最も接近する見込みです。台風の関東への影響をまとめました。

関東 台風7号の影響、いつから?

台風7号は、今後も本州の南の海上を北上し、予報円の中心を進めば、明日、16日(火)の夜から17日(水)の明け方にかけて関東地方にかなり接近する見込みです。予報円の西側を進むと関東に上陸する恐れもあります。
今のところ、関東地方は明日、16日(火)の午後から台風の北側の雨雲がかかりはじめるでしょう。16日(火)の夜から17日(水)の明け方にかけては台風本体の活発な雨雲がかかり、激しい雨の降る所もある見込みです。16日(火)の夜は遅くなればなるほど風も強まり、横なぐりの雨となる所もあるでしょう。荒天のピークは16日(火)の夜から17日(水)の明け方にかけてです。交通機関へ影響のでる可能性もありますので、16日(火)はできるだけ早めの帰宅を心がけましょう。大雨が予想されますので、アンダーパスなど低い道路の冠水や地下街などの低い土地の浸水、河川の増水にも注意が必要です。海上は大しけとなる恐れがありますので、海岸付近にはむやみに近づかないようにしましょう。海岸付近の道路は越波の影響を受ける可能性もあります。
17日(水)の昼頃には台風本体の雨雲は関東から離れる見込みですが、今度は吹き返しの風が強いでしょう。

東北、北海道は17日から荒天に

台風7号は予報円の中心を進むと、17日(水)は関東の東の海上から三陸沖を北上する見込みです。
17日(水)は東北や北海道で雨や風が強まり、荒れた天気となるでしょう。
海上ではうねりを伴った高波に警戒が必要です。
また、大潮期間に入るため、高潮にも注意が必要です。

台風への備えを

台風の接近が予想される関東や東北、北海道では早めの台風対策をなさって下さい。①ベランダの植木鉢や物干し竿など飛ばされやすいものは、屋内にしまっておきましょう②家のまわりの側溝などは今日のうちに掃除をして、水はけをよくしておきましょう。関東では夜間に台風が接近しますので、停電に備えて、懐中電灯を準備しておくと良いでしょう。
今後も最新の台風情報、気象情報にご注意下さい。日直予報士でも随時最新の情報をもとに記事を更新していきます。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい