このままどんどん暑さ増す?

2016/07/11 16:40

今日、11日も関東は梅雨が明けたかのように強い日差しが照りつけ、厳しい暑さでした。群馬県の館林は37度まで気温が上がりました。東京も33度5分まで上がり、体にこたえる暑さ。ただ、この先は猛烈な暑さはトーンダウンしそうです。

今日も晴れて、厳しい暑さ 今日、11日(月)は、九州や中国、四国には梅雨前線の活発な雨雲がかかっていますが、関東は梅雨明けしたかのうような強い日差しが照りつけ、厳しい暑さとなっています。 特に、さいたまや熊谷、前橋などでは猛暑日となっています。 東京も最高気温は33度5分まで上がり、体にこたえる暑さとなっています。 この先どんどん暑くなる? 今年は梅雨明け前から度々厳しい暑さとなりました。 7月上旬は一時的に真夏の暑さをもたらす太平洋高気圧が勢力を強め、東京でも7月7日は36度7分まで気温が上がりました。 夜間も気温が下がりにくくなり、熱帯夜となった日もありました。 この先、しばらくは太平洋高気圧の勢力は弱く、日本付近に広く張り出すことはない見込みです。 12日(火)以降、梅雨前線が西日本に延び、関東も13日(水)からは前線の影響を受け、梅雨空が戻るでしょう。 猛烈な暑さはトーンダウンしそうです。 東京の予想最高気温を見てみますと、この先は28度前後の日が多くなっています。 湿気が多くなり、ムシムシはしますが、極端な暑さはないでしょう。 熱帯夜になることもなさそうです。 気温の上がりやすい内陸部でも猛暑日になることはなさそうです。 では、真夏はどうなるのでしょうか。 今年の夏はラニーニャ現象が発生し、猛暑の可能性もありました。 今日、発表のエルニーニョ監視速報によりますと、夏の間にラニーニャ現象が発生する可能性はこれまでの予測に比べて小さくなり、ラニーニャ現象の発生が秋になる可能性も出てきいるとのこと。 今後の暑さの予想に変化があるかもしれません。今後、発表の長期予報が気になるところです。

あわせて読みたい

  • 「ラニーニャ現象」夏の前半にかけて続く可能性が高い  今年の夏は猛暑か

    「ラニーニャ現象」夏の前半にかけて続く可能性が高い  今年の夏は猛暑か

    tenki.jp

    6/10

    「ラニーニャ現象」秋の終わりまで続く可能性が高い 今夏は猛暑に警戒 厳しい残暑か

    「ラニーニャ現象」秋の終わりまで続く可能性が高い 今夏は猛暑に警戒 厳しい残暑か

    tenki.jp

    7/11

  • ラニーニャ現象続く 残暑が長引き 冬の訪れは早い 今年の冬は例年以上に厳しい寒さ

    ラニーニャ現象続く 残暑が長引き 冬の訪れは早い 今年の冬は例年以上に厳しい寒さ

    tenki.jp

    9/10

    週間天気 梅雨はどこへ? 危険な暑さ続く 「早すぎる夏」収まる兆しは

    週間天気 梅雨はどこへ? 危険な暑さ続く 「早すぎる夏」収まる兆しは

    tenki.jp

    6/26

  • 2020年の夏 記録的暖冬のあとは猛暑? 冷夏?

    2020年の夏 記録的暖冬のあとは猛暑? 冷夏?

    tenki.jp

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す