東北南部から山陰の日本海側で大雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北南部から山陰の日本海側で大雨

tenki.jp
天気図

天気図

前線が日本海に延び、夜にかけてやや南下します。日本海の前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東北南部から山陰の日本海側は雨や雷雨で、局地的に非常に激しく降る恐れがあります。

東北南部から山陰地方は、非常に激しい雨に注意や警戒を!

きょうは北海道付近を低気圧が東へ進み、そこから前線が日本海に延びるでしょう。日本海には暖かく湿った空気がどんどんと流れ込む見込みです。このため、東北から山陰地方の日本海側は、雨や雷雨で、局地的に非常に激しく降るでしょう。
「非常に激しい雨」とは、1時間あたり50ミリ以上の雨が降る事を意味しますが、これは滝のように降る雨で、傘は全く役に立ちません。あたり一面水しぶきで白っぽくなり、視界が悪くなるような降り方をしますので、車の運転は危険です。そんな雨に遭遇した時は無理をしないようにしてください。
きょう(3日)午後6時までの12時間予想雨量は多い所で、東北南部の日本海側は80ミリ。
あす(4日)朝午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、
北陸は120ミリ、山陰地方は150ミリ、山陽地方は80ミリです。
大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水にご注意下さい。

北海道もまだ注意を 関東以西は変わりやすい天気

北海道は低気圧の影響で雲が広がり、北部は夜にかけても雨が降ったり止んだりするでしょう。南西部や東部は雨の降る所もありますが、午後は晴れ間が出てきそうです。北海道はこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。昼前までは土砂災害に、夕方まで川の増水に注意が必要です。また、雨だけでなく、きょうは西寄りの風が南西部と東部で強まりますので、強風にもご注意下さい。
東北北部は雲が広がりやすく、所々で雨が降るでしょう。
関東、東海、近畿、山陽、四国、九州は晴れ間も出ますが、雲が広がりやすく、所々で雨や雷雨がある変わりやすい天気でしょう。今日のお出かけには雨具があると安心です。洗濯物も干したまま出かけると濡らしてしまうかもしれません。早めに干して、昼頃に取り込んでから出かけましょう。

日本海側の猛暑は収まる

昨日(2日)、猛烈な暑さになった北陸から山陰地方は、雨が降るため、昨日に比べて最高気温は5度以上低く、30度以下の所が多いでしょう。ひどい蒸し暑さは少し収まる見込みです。
一方、関東から西の太平洋側と九州は30度以上の所が多い見込みです。東京や高松は34度で、猛暑日にせまる暑さになりそうです。名古屋と広島は32度、大阪と福岡は33度の予想です。湿度が高く蒸し暑いので、熱中症にならないように、お気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい