東京 19年ぶりの連続真夏日か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京 19年ぶりの連続真夏日か

tenki.jp

関東は梅雨寒が一転、明日から気温上昇。7月に入ると急に真夏の暑さで、東京は7月上旬では19年ぶりに7日連続の真夏日予想。熱帯夜に迫るほどの、寝苦しい夜も続きそう。

ゴールデンウィークの頃の涼しさ

今日28日の東京は、急に「梅雨寒(つゆざむ)」となりました。
未明よりも、昼間の方が気温が低く、東京の正午の気温は18度7分と、4月下旬並み。
正午の気温が20度に届かなかったのは、15日ぶりです。
昨日の同じ時間と比べると、10度くらい低くかったので、
「急にヒンヤリした」と感じた方も、大勢いらっしゃったと思います。
【豆知識】
気温が5度違うと、洋服1枚分に相当すると言われています。
昨日の正午よりも、気温が10度違うということは、
洋服2枚分ほどヒンヤリしているということです。
「Tシャツ」⇒「Tシャツ+長袖シャツ+カーディガン」といった感じですね。
この先も、気温の変化には、十分な注意が必要です。

6月末 蒸し暑さレベルアップ

東京の予想最高気温(上記)を見てみますと…
明日29日からは、徐々に高くなり、29日は25度、30日は28度の予想です。
高くなるのは、気温だけではありません。
『湿度も高くなる』のが、ポイントです。
天気マークに、傘マークがあるように、
雨をもたらす湿った空気が入るため、 蒸し暑くなるでしょう。
体調の管理はもちろん、食品の管理にも、お気を付け下さい。

7月 連日の「真夏日」と寝苦しさ

そして、7月に入ると、東京でも、いよいよ真夏の暑さが続くでしょう。
予想最高気温は、連日32度前後で、これは真夏並みの暑さです。
平年より5度くらい高いので、急に、季節を先取りしたような暑さがやってきそうです。
昼間の暑さだけでなく、『夜も気温が高いまま』というのもポイント。
予想最低気温にも、注目して下さい。
東京では、7月に入ると、連日24度の予想です。
【豆知識】
ちなみに、夜間の最低気温が25度以上だと、「熱帯夜」と言います。
最低気温が24度とは、「熱帯夜」に迫るほどの、寝苦しい夜になるということです。
夜も暑いと、疲れが取れにくくなりますので、そろそろ涼しい寝具を用意しておくのも、良さそうです。
寝ている間にも、汗をかくので、お休み前には水分補給をするのも、おススメです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい