梅雨本番 週末にかけても大雨に警戒を

tenki.jp
20日~21日は九州で記録的な大雨、四国から東海も所々で非常に激しい雨が降りました。いったん雨は小康状態となっていますが、22日は再び梅雨前線が活発化。九州や四国で激しい雨の恐れがあります。

九州や四国は23日にかけて大雨に警戒を

九州に記録的な大雨をもたらした梅雨前線上の低気圧は関東の東の海上へ抜けました。
いったん、梅雨前線の活動は小康状態となっています。
ただ、この先も油断はできません。
22日(水)から23日(木)にかけて、再び西日本を中心に前線が活発化するでしょう。
23日にかけて、九州や四国を中心に断続的に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。
九州では、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害の起こる危険があります。
雨が小康状態となっても、危険な斜面には近づかないようにして下さい。

24日から25日は広く大気の状態が不安定に

24日(金)から25日(土)にかけても梅雨前線は本州付近に停滞するでしょう。
さらに、上空に寒気を伴った低気圧が日本海から近づいてきます。
西日本だけでなく、関東から東北でも大気の状態が不安定になるでしょう。
急に雨脚が強まったり、局地的に大雨になることがある見込みです。
26日(日)以降はいったん梅雨前線が南下し、雨のやむ所が多いですが、九州南部には引き続き前線がかかり、雨の降る日が続きそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック