関東 さらに暑い 35度に迫る所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 さらに暑い 35度に迫る所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
詳しい気温の予想は画像をクリック

詳しい気温の予想は画像をクリック

来週にかけての天気

来週にかけての天気

あす18日(土)の関東はさらに気温が上がり、広く30度以上の真夏日に。内陸部では35度に迫る暑さとなる所も。都心も久しぶりに30度を超えそう。定期的な休憩とこまめな水分補給を。

金曜日の暑さは

きょう17日(金)の関東は天気が回復。
梅雨明けを思わせるような青空が広がって、日差しとともに午前中から気温がグングン上がりました。
午後3時までの最高気温は群馬県館林32度5分、熊谷32度、前橋30度8分、都心29度。
雨上がりで、湿度が高く、ムシムシと不快な暑さでした。
一方で、湿った空気が残っていたため所々で雲がわき、予想されたほど高温にならなかった所もありました。

土曜日の暑さは

あす18日(土)は、雲の元になる湿った空気が少なくなるため、すっきりと晴れる見込みです。
湿度はきょうより低くなりますが、気温は高くなる所が多いでしょう。
上の図は予想最高気温で、赤い表示は30度以上となる所です。
熊谷と前橋は33度の予想で、内陸部では35度に迫る暑さとなる所があるでしょう。
35度以上になれば、全国でも今年初めての猛暑日です。
都心は31度の予想。
5月23日に最高気温30度9分を観測して以来、25日ぶりの真夏日となるでしょう。
南からの海風の影響を受けやすい沿岸部は30度に届かない所もありそうです。
ただ、それでも横浜は29度と、7月中旬並みの予想です。
土曜日ですので、屋外で行楽を楽しむ方も多いと思います。
帽子や日傘で直射日光をできるだけ避け、定期的に日陰に入って休みましょう。
こまめな水分補給も欠かせません。
イベントや人気スポットなど人の集まる場所では、自動販売機の水やお茶が早々に売り切れることも。
荷物になっても、水分は多めに用意するとよいでしょう。

暑さいつまで?

19日(日)は晴れ間もありますが、雲が広がりやすくなるでしょう。
このため気温の上がり方は控えめに。
最高気温が30度以上となる所はほとんどなさそうです。
ただ、湿気が増えますので、風通しの悪い場所ではムシムシするでしょう。
さらに20日(月)以降も雲が多めで、雨の降る日もありますが、気温は高め。
内陸部に比べて気温が上がりにくい、沿岸部の横浜でも30度を超える日があるでしょう。
来週は不快な蒸し暑さが続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい