今季最強の寒波到来 鹿児島も雪予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今季最強の寒波到来 鹿児島も雪予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

19日(火)以降、冬型の気圧配置が強まり、今季最強の寒波が到来。日本海側は広く大雪や猛吹雪に警戒。東海や西日本の太平洋側の平地で積雪の所も。関東も朝は路面の凍結に注意。全国的に厳しい寒さ。

今季最強寒波が到来へ

18日(月)は、低気圧の影響で、首都圏でも大雪となりました。
19日(火)には、この低気圧が北海道付近に進むでしょう。
その後、次第に日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みです。
しばらくは強い冬型の気圧配置が続き、今季最強の寒波が居座るでしょう。

19日(火)は日本海側は大荒れ、太平洋側でも所々で積雪

19日(火)は、日本海側を中心に大荒れとなるでしょう。
北海道は広い範囲で、東北は日本海側を中心に大雪となり、猛吹雪となる恐れがあります。
北陸や近畿北部、山陰、九州北部も広く雪で、この冬一番の大雪となる所があるでしょう。
風も強く、吹雪にも警戒が必要です。
見通しがきかない猛吹雪や吹きだまりによって、車の運転が困難になる可能性があります。
また、空の便や列車などの交通機関へも広く影響がでる恐れがありますので、警戒が必要です。
雪が降るのは、北日本や日本海側だけではありません。
これから19日(火)にかけては東海から九州の太平洋側にも所々に雪雲が流れ込むでしょう。
東海、近畿中部や南部、山陽、四国でも山沿いを中心に大雪となり、平地でも積もる所がある見込みです。
鹿児島など九州南部でも雪の降る所があるでしょう。
関東の平野部は19日(火)は晴れますが、シャーベット状の雪が朝には凍結する可能性があります。
天気は回復しても、足元や車の運転に十分に注意が必要です。
日中も全国的に厳しい寒さで、最高気温は北海道や東北は5度未満、関東も8度くらいでしょう。
西日本でも5度くらいまでしか上がらない見込みです。
風も強く、いっそう寒さが身にしみそうです。

寒波が長い期間、居座る

今回の寒波は強いだけでなく、長い期間、居座ります。
少なくとも来週前半にかけて寒波が強弱を繰り返しながら居座るでしょう。
この先一週間も北海道や本州の日本海側は広く雪が降り、さらに積雪が増える見込みです。
太平洋側は晴れる日が多いですが、冷たい風が吹きつけ、厳しい寒さになりそうです。
東京や名古屋、大阪の最高気温は10度に届かない日が続き、最低気温は0度くらいまで下がるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい