強まる雨 立っていられないほどの風も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強まる雨 立っていられないほどの風も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょうは、2つの低気圧が発達しながら、沿海州と本州の南を進むでしょう。東日本や北日本を中心に雨が降り、激しい降り方になる所もありそうです。非常に強い風の吹く所も。北海道でも雨がメインとなるため、雪解けによる雪崩に注意が必要です。西日本では太平洋側を中心に晴れ間の戻る所がありますが、冷たい風が吹きそうです。

発達しながら低気圧が進む 荒れた天気の所も

けさは、上図の雨雲の様子をみてもわかるように、本州付近は広い範囲で雨が降っています。
未明には、高知県の幡多郡黒潮町で、1時間に69ミリの激しい雨が降り、12月の1位の値を更新しました。
たった1時間で、平年の12月ひと月分と同じくらいの雨が降ったことになります。
きょうは、本州を挟むように2つの低気圧が発達しながら進み、
特に東日本や北日本で荒れた天気になる所があるでしょう。
北海道は広く雨で、太平洋側では局地的に激しく降りそうです。
大雨による低い土地の浸水や川の増水に注意してください。
また、積雪の多い地域では、雪崩にも注意が必要です。
風が非常に強く吹き、海上はしけるでしょう。
東北や北陸も断続的に雨が降り、雷を伴う所がありそうです。
夜からは風が非常に強まってきそうです。
関東は朝の通勤や通学の時間帯に広く雨で、沿岸部を中心に雨や風の強まる所があるでしょう。
その後も昼過ぎまで雨の所がありそうです。
東海から近畿にかけては、雨は朝までにやむ所が多いでしょう。
中国や四国、九州は太平洋側を中心に晴れ間のでることもありますが、
冷たい風が吹きつけて、気温の数字よりも寒く感じられそうです。

あすは冬型の気圧配置 強い寒気が流れ込む

あすは低気圧が東へ離れ、日本付近は強い冬型の気圧配置になります。
北海道や東北、北陸地方を中心に、非常に強い風が吹き、ふぶく所もあるでしょう。
海上は大しけとなりそうです。
関東から西は晴れる所が多くなりますが、冷たい風が吹いて、
体感温度がグッと下がるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい