今冬は暖冬傾向 太平洋側は降水量多め 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今冬は暖冬傾向 太平洋側は降水量多め

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
向こう3か月の予想降水量

向こう3か月の予想降水量

気象庁は25日、3か月予報を発表しました。東日本以西では気温が高く、暖冬傾向を見込んでいます。また、太平洋側は低気圧や前線の影響を受けやすく、降水量が多くなりそうです。12月から来年2月の気温と降水量の見通しに関する速報値です。

向こう3か月の気圧配置

向こう3か月は、北日本では平年と同様に寒気の影響を受ける見込みです。
一方、東日本以西は、冬型の気圧配置が長続きせず、北からの寒気の影響は小さいでしょう。
ただ、低気圧や前線の影響を受けやすい見込みです。

向こう3か月の天候

●12月●
北日本と東日本の日本海側では、平年と同じような天気になりそうです。
全般に雲が多く、北日本は雪または雨の日が多いでしょう。東日本は雨または雪の日が多くなりそうです。
一方、そのほかの地域では、平年より晴れの日が少ないでしょう。
降水量は、東・西日本の太平洋側は平年より多くなりそうです。
また、北日本の太平洋側や西日本の日本海側、沖縄・奄美でも、平年と同じか多くなるでしょう。
●1月●
北日本は平年と同じような天気になる見込みです。
日本海側では曇りや雪の日が多く、太平洋側は晴れの日が多いでしょう。
一方、東日本以西は冬型の気圧配置が長続きしないため、
日本海側は曇りや雪、または雨の日が少なく、太平洋側は晴れの日が少なくなりそうです。
沖縄・奄美も、平年より曇りや雨の日が多いでしょう。
●2月●
北日本は1月に引き続き、平年と同じような天気になるでしょう。
東日本・西日本も1月に続いて、日本海側の降水量は少なく、太平洋側の降水量が多くなりそうです。
沖縄・奄美では、平年と同じように曇りや雨の日が多いでしょう。
なお、東・西日本の太平洋側でも、低気圧の位置や地上の気温によっては、
「雨」ではなく「雪」が降る可能性もあります。

向こう3か月の気温

●10月から2月●
北日本では、平年と同じように北からの寒気の影響を受けるため、気温は「ほぼ平年並み」でしょう。
東・西日本は、北からの寒気の影響が小さく、気温は「平年並みか高い」見込みです。
沖縄・奄美は、「平年より高い」状態が続くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい