今朝も関東で激しい雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今朝も関東で激しい雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東の沿岸部の一部と伊豆諸島には活発な雨雲がかかっていますので、昼前にかけて激しい雨に注意が必要です。

昨夜から関東でまとまった雨

昨夜から今朝にかけては、前線が東日本にのびてきて、前線上を低気圧が進みました。
このため東日本の太平洋側では大雨になりました。
昨日の夕方から東京では雨が降り出し、午後9時33分までの1時間に34ミリの激しい雨を観測。
今朝午前7時40分までの24時間に、60.5ミリのまとまった雨となりました。
千葉県の館山でも午前2時30分までの1時間に64ミリの非常に激しい雨が観測されましたが、
これは車の運転は危険なほどの降り方です。
鴨川では午前7時40分までの24時間に、92.5ミリの大雨となっています。
東日本の太平洋側と伊豆諸島にはまだ活発な雨雲が残っています。
7日昼前にかけて雷を伴い激しい雨の降る所があるでしょう。
静岡県や千葉県、神奈川県では、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。
昼前にかけて土砂災害に警戒してください。

急な雨に注意が必要

今日は前線が本州の南岸に停滞するため、南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。
さらに、日本海からは上空の寒気が南下してくるでしょう。
このため、本州付近は広い範囲で大気の状態が不安定となる見込みです。
九州は晴れ間が出ますが、
中国や四国から東北は曇り雨とぐずついた天気が続く見込みです。
カミナリを伴い雨脚の強まる所もあるので、天気の急変に注意が必要です。
今日のお出かけにも突然の雨に困らないように傘を持ち歩くと安心です。
北海道は広く晴れるでしょう。
沖縄は朝は激しい雷雨に注意して下さい。
最高気温は全国的に平年並みか平年より低い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい