秋雨前線が停滞 西ほど激しい雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋雨前線が停滞 西ほど激しい雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
3日(木)午前9時の予想天気図

3日(木)午前9時の予想天気図

3日(木)は九州から関東沿岸にかけ前線が延び、前線上を低気圧が進みます。雨の範囲が東へグッと広がるとともに、九州を中心とした西の地域では大雨や落雷、竜巻などの恐れがあります。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所もありますので土砂災害にも警戒が必要です。

前線の活動が活発に 西は大気の状態が非常に不安定

上の3日(木)9時の予想天気図をご覧ください。
3日は、西から前線が北上し、九州から関東沿岸に停滞する見込みです。
また、九州付近の前線上には低気圧が発生し、東へ進みます。
西ほど大気の状態は非常に不安定で、九州を中心に大雨の恐れがあります。
短時間に降る非常に激しい雨や落雷、竜巻などの突風に警戒が必要です。
雨の範囲は次第に東へ広がっていきそうです。
北海道は北にある前線の影響を受けるでしょう。
3日は、全国的に雨の降る所が多くなりそうです。

九州や四国で激しい雨 夕方以降は関東や東北も雨

各地の予報を詳しく見てみましょう。
九州は雨で、昼前にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。
1時間に降る雨の量(多い所)は、
熊本県50ミリ、長崎県40ミリ、大分県30ミリなどとなっています。
また、3日夕方までに降る雨の総雨量(多い所)は、
熊本県120ミリ、長崎県100ミリ、大分県80ミリの予想です。
土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意ください。
四国も断続的に雨で、太平洋側を中心に激しい雨や雷雨の所があるでしょう。
1時間に降る雨の量(多い所)は、太平洋側30ミリの見込みです。
また、3日夕方までに降る雨の総雨量(多い所)は、瀬戸内側80ミリ、太平洋側120ミリの予想です。
これまでの大雨で、愛媛県南予を中心に地盤の緩んでいる所がありますので、
土砂災害に十分に警戒してください。
落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
中国地方や近畿も雨が降ったりやんだりで、雨脚の強まることもあるでしょう。
東海や北陸、関東も雲に覆われて、夕方以降は広く雨が降りそうです。
東北は晴れ間がでますが、夜遅くになると雨が降り出すでしょう。
北海道も日の差す時間がありますが、北の前線の影響で、にわか雨や雷雨の所がありそうです。
突然の雨にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい