西日本太平洋側 激しい雨・雷雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本太平洋側 激しい雨・雷雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

29日から30日にかけて、西日本の太平洋側を中心に局地的な激しい雨にご注意ください。前線が南岸沿いに延びる見込みです。29日朝は湿った空気の影響で、東海地方で局地的に雷を伴った激しい雨が降りました。午前6時半までの1時間に愛知県伊良湖で47ミリの激しい雨を観測しています。この時間の雨の様子を見ると、九州に活発な雨雲があります。鹿児島県佐多では午前9時頃までの1時間に45ミリの激しい雨が降りました。
また、東海~東北にかけて、湿った空気による雲が広がり、本降りの雨や、レーダーでは捉えられないような弱い雨が降るなど、ぐずついた天気となっています。 このあと、前線上の低気圧が四国付近へ進み、前線が南岸沿いに延びる見込みです。
これからあすにかけての天気のポイントです。●九州
雨で、南部では夕方にかけて雷を伴って激しく降る所があるでしょう。特に薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方では29日夕方から30日にかけて、非常に激しい雨が降る恐れがあります。
●中国、四国、近畿
所々でカミナリ雲が発生しやすく、夜には広く雨が降る見込みです。四国では29日夜のはじめ頃から30日朝にかけて、雷を伴って激しい雨が降る恐れがあります。
●東海
いったん雨が上がった所が多くなっていますが、夜になると、広く雨雲がかかる見込みです。これまでの大雨で地盤が緩んでいます。土砂災害や川の増水にご注意ください。
落雷や、竜巻などの激しい突風が吹く恐れもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあったら、速やかに建物の中に避難するなど、身の安全を確保してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい