西は猛烈残暑 太平洋側は高波注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西は猛烈残暑 太平洋側は高波注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
9日(日)の予想気温 

9日(日)の予想気温 

台風14号の進路予想図

台風14号の進路予想図

8日は立秋で暦のうえでは秋のスタートですが、西日本を中心に猛烈な暑さが続きました。9日も東海から西は晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。また、台風からのうねりが入る関東から西の太平洋側は、高波に注意が必要です。

西日本 猛烈な残暑続く

8日(土)は西日本を中心に35度以上の猛暑の所が多く、全国で145地点を数えました。特に九州で気温が高く、大分県日田では39度ちょうどと、体温を超えるような暑さに。
9日(日)も九州から東海を中心に強い日差しで気温が上がり、35度以上の猛暑の所が多くなるでしょう。厳しい残暑は、11日(火)頃から次第に収まりそうです。
一方、関東から北海道は湿った空気が流れ込み、太平洋側を中心に雲が広がりやすくなりそうです。最高気温は8日(土)と同じか高く、蒸し暑さが続くでしょう。
各地とも水分をしっかりとって、汗をたくさんかいたらスポーツドリンクなどで適度な塩分もとりましょう。
また、各地で夜も気温の高い状態が続きます。
お祭りや花火大会など夏のイベントが開かれますが、人ごみは一段と蒸し暑くなりますし、喉がかわいても飲み物を買うのに一苦労という場合も。
うちわや飲み物を用意してから外出しましょう。

関東から西 海のレジャーは要注意!

台風13号は沖縄から遠ざかりつつありますが、台風14号が関東の南を北上中です。
台風14号は進路を次第に東よりにかえて陸地からは離れて通る見込みですが、関東から西の太平洋側には台風からのうねりが入り、次第に波が高くなる見込みです。
お盆休みで海水浴シーズン真っ最中ですが、海のレジャーは無理のないように十分注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい