台風がもたらす酷暑 来週も

tenki.jp
この先の主要都市の天気と気温(25日11時発表)
拡大写真

この先の主要都市の天気と気温(25日11...

26日、日曜日、東北から九州の予想最高気温は33度前後。関東や東海を中心に猛暑日地点も続出しそう。月曜日以降も暑さが厳しく、かなり蒸し暑い日が増えるでしょう。

土曜日は名古屋、鳥取、大分などで今年初の猛暑日

きょう25日、土曜日は、強い日差しが照りつけている関東から九州で、体にこたえる暑さとなっています。所々で今年一番の暑さとなっており、名古屋は午後2時半までの最高気温が35度3分と、今年初めての猛暑日に。鳥取や大分も35度に達し、今年初の猛暑日となっています。暑さで有名な群馬県の館林、埼玉県の熊谷、兵庫県の豊岡は37度以上と、まさに酷暑です。

日曜日も体にこたえる暑さ 都心も猛暑日か

きょう雲が多かった東北南部も、あす26日、日曜日は晴れて気温がさらに上昇。東北南部や関東から中国・四国の広い範囲で、最高気温が33度前後の予想です。東京都心は36度と、今年一番の暑さとなりそうです。関東や東海の内陸を中心に40度近くまで上がる所もあるでしょう。熊谷は38度の予想です。厳しい暑さが続いているだけに、体にかなりこたえそうです。九州は台風12号の影響で雨雲がかかりやすいものの、最高気温は30度以上の所が多い見込み。湿度が高くなるため、蒸し暑いでしょう。
また、予想最低気温に注目してみますと、北から南まで23度前後。北海道や東北は平年より3~4度高く、暖かい空気が北にも流れ込んでいることがわかります。関東から中国地方にかけては25度の所が多く、寝苦しさも続くでしょう。寝不足の時など、体力が落ちている時は、熱中症にかかりやすくなります。自分は大丈夫、と思わずに、暑さ対策はしっかり行ってください。また、小さな子供や高齢の方は、まわりの方がこまめに様子を確認してあげましょう。
この酷暑、まだしばらく続きそうです。主要都市のこの先の予報を見てみますと、

月曜日以降も暑さが厳しい かなり蒸し暑い日も

27日、月曜日も東京都心と名古屋は猛暑日の予想。寝苦しさも続きそうです。28日、火曜日以降は、猛暑日地点が少なくなりますが、それでも連日31度から33度くらいと、厳しい暑さが予想されています。また、この一覧にはありませんが、29日、水曜日頃を中心に湿度がさらに高くなる可能性があり、かなりの蒸し暑さとなりそうです。台風12号(または台風12号から変わる熱帯低気圧)が日本海へ進み、さらに高温多湿の空気が北まで流れ込むためです。気温が極端に高くなくても、湿度が高い日は、熱中症により警戒が必要です。tenki.jpの熱中症情報を活用して、来週も暑さ対策を万全にしてお過ごしください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック