今年の梅雨 ゆっくり訪れる? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の梅雨 ゆっくり訪れる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

梅雨の訪れはゆっくりかもしれません。では、夏はどんな天気になるのでしょうか。最新の3か月予報をもとに天気の傾向を見てみましょう。

今年の夏(6~8月)の特徴

【気温】
九州~北海道 ほぼ平年並み
沖縄・奄美 平年並みか高い
【雨の量】
全国 平年並みか多い
それでは、1か月ずつ見ていきます。

6月 梅雨前線 南に居座る

梅雨前線は南に停滞することが多くなりそうです。九州から東北の梅雨入りは遅いか平年並みになる見込みです。
九州から関東は晴れの日が多くなるでしょう。
北陸ははじめ、北海道と東北は6月いっぱい数日ごとに天気が変わる見込みです。
梅雨前線が居座る沖縄と奄美では、前線や低気圧の影響を受けやすいでしょう。日本の南にある高気圧の縁をまわる暖かく湿った空気で雨の量が多くなりそうです。

7月 梅雨前線 本州付近へ

梅雨前線は本州付近に停滞する見込みです。高気圧が日本の南東でやや強いため、本州付近へ暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。
九州から関東にかけては平年よりも曇りや雨の日が多くなり、雨の量が多くなりそうです。北海道と東北は平年と同様に曇りや雨の日が多くなる見込みです。
梅雨前線が去った沖縄と奄美は平年と同様に晴れの天気が多くなり、夏空が広がるでしょう。

8月 太平洋側 急な雷雨も

高気圧が日本の南東でやや強いため、本州付近へ暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。
九州から関東の太平洋側は晴れる日が多くなる見込みです。しかし、暖かく湿った空気の影響でにわか雨や雷雨が起こりやすくなりそうです。レジャーの際は注意が必要です。
沖縄・奄美は、晴れる日が多いでしょう。
北海道や東北は、天気は数日ごとに変わりますが、前線や低気圧の影響を受けやすく、晴れは続かない見込みです。
九州から北陸の日本海側も前線や低気圧の影響を受けやすく、晴れの日が少なくなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい