日曜日の雨マーク 降るのはいつ?

tenki.jp
24日(日)にかけて、日本の南海上の前線が北上中。梅雨入りしている沖縄・奄美をはじめ、関東や東海などにも雨マークが並んでいます。雨はいつごろ降るのか?傘は必要なのか?気になる日曜日の天気をまとめました。

【注意!】沖縄・奄美は大雨 落雷や突風も

沖縄や奄美は、梅雨前線の影響を受け、大気の状態が非常に不安定に。24日も雨が降り、局地的にバケツをひっくり返したような雨となりそうです。落雷や、竜巻などの激しい突風にも注意が必要。お出かけの方は、大きめの丈夫な傘をお持ちくださいね。

【傘を持って!】東海は午前中 関東はお昼前後が中心

日中傘が必要なのは、東海~関東にお住まいのみなさん。特に沿岸部に近い地域ほど降りやすくなりそうです。ただ、東海は昼前には止んでしまうので、傘の置き忘れにご注意を。関東の雨は昼過ぎまでの見込みですが、沿岸部では夕方ごろまで降る所も。強く降ることはないものの、お出かけにはあいにくの天気となりそうです。

【安心!】西日本は天気回復 北日本は暑い所も

九州や四国、中国の雨は明け方までで、天気は回復に向かうでしょう。近畿は朝まで雨が降りそうです。日中のお出かけには、傘は必要ないでしょう。一方、「日傘」が必要なのが、北陸や東北、北海道。特に東北や北海道は暑くなりそう。お出かけには、日傘や帽子、こまめに水分補給できるような飲み物も一緒に連れていってくださいね。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック