18日(月曜日) 雨の時間帯は

tenki.jp

 (22:28)tenki.jp

 (22:28)tenki.jp
18日(月曜日)にかけて、天気は西から下り坂。朝は日差しがあっても、次第に雨雲のかかる所がある見込みです。お帰りの時間帯に雨が予想される場合は、家を出る時に傘を忘れないようお気をつけください。 西日本付近へ次第に前線が近づく 北海道や東北北部の大気の不安定な状態は解消して、晴れ間が広がる見込みです。 一方、東北南部から九州にかけては、西から次第に雨の範囲が広がるでしょう。西日本の太平洋側ではカミナリを伴って局地的に激しい雨の降る恐れがあります。 沖縄はおおむね晴れますが、海上はうねりを伴い、波がやや高いでしょう。 時間帯ごとの天気は、下記の通りです。 朝は九州で広く雨 朝は九州に広く雨雲がかかりますが、そのほかの西日本や東海は曇りでしょう。 関東から北海道にかけては、日差しのある所が多い見込みです。 西日本の太平洋側で激しい雨の恐れ 四国・中国地方は昼前後から、近畿地方は夕方から雨の降りだす所が多いでしょう。 沿岸を中心にカミナリを伴って、一時的に激しい雨の降る所がある見込みです。 北陸でも夕方から雨雲のかかる所があるでしょう。 夜は東海や関東、北陸などでも傘の出番 九州や四国など西日本の太平洋側は、夜も激しい雨や雷雨に注意が必要です。 次第に東海や関東、北陸にも雨の範囲は広がり、東北南部も夜は雨の降る所があるでしょう。 雨の降っていない時間帯からお出かけされる方は、傘の準備を忘れないようお気をつけ下さい。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック