今週の天気 気温差に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 気温差に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
【北海道~北陸】

【北海道~北陸】

【東海~九州】

【東海~九州】

今週は急に寒くなる日があり、週の中頃以降の気温は全般に平年並みか低めで経過する見込みです。前日との気温差がかなり大きくなる日は服装をうまく調節するなどして体調を崩さないようお気を付けください。

27日(火)と28日(水)は日中の気温差大

【27日の気温が下がり始めるタイミングは…(主な10都市)】
札幌は27日の午前中から、仙台や新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高知、福岡は27日のお昼前後から、東京は夕方から急速に寒くなっていく見込みです。午前中から外出される方は、万全の寒さ対策をなさってください。
今週の天気の概要は下記の通りです。
週明け26日(月)から27日(火)は日本付近を通過する低気圧の影響で西から天気は下り坂です。
26日(月)の夜には九州から関東付近は広く雨となり、27日(火)にかけて北陸から北にも雨の範囲は広がるでしょう。北海道は雪の降る所が多い見込みです。
28日(水)には低気圧は東へ離れ、次第に冬型の気圧配置となるでしょう。山陰から関東甲信付近にも一部で雪を降らせるよう強い寒気が流れ込み、北陸の雨は次第に雪へ変わる見込みです。
流れ込む寒気の影響で、急に寒さが強まります。27日(火)と28日(水)の最高気温の差は5度以上の所が多くなるでしょう。28日(水)の札幌は真冬日(最高気温が氷点下)となる予想で、東北から九州にかけても日中の気温は広い範囲で一桁でしょう。雨や雪の降る所では、一層寒く感じられそうです。
29日(木)は、いったん広く高気圧に覆われますが、強い寒気の影響が残るでしょう。気温の上がり方は鈍く、北海道や東北、北陸では雪の降る所がある見込みです。
30日(金)は、日本海と本州南岸に低気圧が発生するため、日本付近には湿った空気が流れ込みます。広く雨が降りますが、日中の寒さは幾分緩む所が多いでしょう。
31日(土)から1日(日)にかけて日本付近は次第に冬型の気圧配置となる見込みです。再び山陰から関東甲信付近の一部にも雪を降らせるほどの強い寒気が流れ込んでくるでしょう。低気圧の発達の程度や寒気の強さによっては荒れた天気になる恐れがあります。週末の予定を計画される際は最新の情報をご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい