20日(土)は早くも天気は下り坂 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日(土)は早くも天気は下り坂

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
19日(金)午後9時の雲画像(左)と雨雲の様子(右)

19日(金)午後9時の雲画像(左)と雨雲の様子(右)

20日(土)午前9時の予想天気図

20日(土)午前9時の予想天気図

19日(金)は高気圧に覆われ、日本海側の雪や雨も収まり、穏やかに晴れた所が多くなりました。ただ、早くも西から天気は下り坂。20日(土)は全国的に雨となりそうです。日本海に広がっていた寒気の雲も少なくなり、
19日(金)は高気圧に覆われて、穏やかに晴れた所が多くなりました。
日本海側の雪や雨もほとんどの所で収まりました。
ただ、早くも西から気圧の谷に伴う雲が進んできていて
すでに西日本は雲に覆われてきています。
19日(金)午後9時の段階で、九州や中国地方付近には、すでに雨雲がぽつぽつと発生してきています。
(※上の図を参照してください。)
20日(土)はこの雨の範囲が全国的に広がる見込みです。20日(土)は日本海と本州の南岸を2つの低気圧が東へ進む見込みです。
広い範囲で雨となるでしょう。
沖縄・九州・中国・四国は午前中を中心に雨が降る見込みです。
特に沖縄は寒冷前線が通過する朝は雨が激しく降ったり、カミナリの鳴る所があるでしょう。
落雷や突風にもお気をつけください。
近畿は日中は雨が降りやすく
東海や関東も昼ごろから雨が降り始める見込みです。
太平洋側の沿岸部を中心に
カミナリを伴い、雨脚の強まる所もあるでしょう。
雨の降り方には十分にお気をつけください。
北陸や東北も夕方以降は広い範囲で雨が降り、
日本海側ではカミナリの鳴る所があるでしょう。
北海道は日本海側を中心に雲が広がりやすく、雨か雪が降る見込みです。
最低気温は、19日(金)と同じくらいか高くなる所が多く、
関東から西では19日(金)の朝は今シーズン一番の冷え込みとなった所が多くありましたが、
各地で、朝の冷え込みは少し緩みそうです。
ただ、最高気温はあまり上がらず、日中は寒さが続くでしょう。
名古屋は6度で、昼間も傘を持つ手が震えそうです。
20日(土)はしっかりとした傘と
マフラーや手袋、ニットの帽子など、万全の寒さ対策をしてお出かけください。
また、広い範囲で雨となるため
日本海側など、これまでの大雪で積雪が多くなっている所では
なだれに対して注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい