おうち時間を豊かにしよう!〜Webで美術鑑賞 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

おうち時間を豊かにしよう!〜Webで美術鑑賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
東京都庭園美術館 南面 (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館 南面 (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館本館 大客室 (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館本館 大客室 (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館本館 妃殿下居間 バルコニータイル (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館本館 妃殿下居間 バルコニータイル (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館 日本庭園 (c)東京都庭園美術館

東京都庭園美術館 日本庭園 (c)東京都庭園美術館

思いがけずお家時間が増えているこの頃、視界に入る景色が限られてしまうからこそ美しいものが見たい!と思いますよね。そんな時、美術館のWebサイトにアクセスしてみてはいかがでしょう。美術館にあまり行かれない方やきれいな景色が見たい方、歴史に興味がある方など、アートファン以外の方にも楽しめるWebサイトをご紹介しましょう。


多彩なコンテンツで美術館を楽しむ

美術館のWebサイトと言うと展覧会情報やコレクション、イベントのお知らせなどの紹介が主ですが、今では各館が工夫を凝らし、まるで本や写真集を眺めるように楽しむことができます。今回ご紹介する東京都庭園美術館のWebサイトは、展覧会情報やコレクションの他、過去展にまつわるインタビュー、庭園の写真、Googleストリートビューに公式アプリ…と、多彩なコンテンツで美術館の魅力を堪能できます。まだ行ったことがない方は家に居ながらにして擬似体験を、リピーターの方は思い出に浸ることができる仕立てになっています。


公式アプリであなたもアール・デコ通に

公式アプリはiOSとAndroid対応はもちろん、多言語に対応しています(無料でダウンロードできます)。

内容は、「旧朝香宮邸音声ガイド」、「旧朝香宮邸について」、「探してみよう・みつけてみよう」、「美術館インフォメーション」の4つのメニューがあります。

それぞれさらに項目がわかれ、まるで短編小説を読むように楽しむことができます。例えば音声ガイドは順番に再生するほかに、「リストから選ぶ」「写真から選ぶ」というメニューがあり、リストには美術館のご案内、アール・デコ様式、宮内省内匠寮、基本設計、朝香宮殿下について、妃殿下について、居室の紹介…と詳しくわかれているので、しっかり聴き込んでおくと実際に来館した際には「これがあの…」と感慨もひとしおになること請け合いです。

いずれのメニューも美しい写真とともに説明がほどこされていますので、楽しみながらアール・デコ通になれるかもしれません。


庭園の魅力はリンクもチェック

桜や紅葉の季節も評判ですが、これからの季節は庭園の緑がとても美しい美術館です。自然派の方は庭園の写真を見てほっと一息ついてみては? 風が吹き抜ける芝庭、重要文化財に指定されている茶室「光華(こうか)」を備えた日本庭園、さらに近年完成した西洋庭園と3種類の庭があります。WebサイトからTwitter、Facebook、Instagramにリンクがありますので、日々更新される庭園の様子をチェックするのもいいですね。

思い出をコメントしたり、シェアやリツイートをしてお友達とやりとりをしたり…楽しみ方はいろいろ。

また、歴史がお好きな方には公式アプリの他にも、トップページに「美術館について」、「旧朝香宮邸の歴史を訪ねて」、過去の「対談・インタビュー」といった読み物がおすすめですよ。

今しばらくは美術館も休館ですので、お家で楽しむ方法で満喫しましょう。再び開館した折に本物を見ることを思い、stay at home!

東京都庭園美術館

Twitter・Facebook・Instagram

https://twitter.com/teienartmuseum

https://www.facebook.com/tokyoteienartmuseum

https://www.instagram.com/teienartmuseum/・その他おすすめ情報

ポーラ美術館

福田美術館

美術手帖


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい