「卯月」の語源は卯の花が咲く頃だから?うと卯と兎と宇をめぐる旅~後編~

2020/04/01 20:30

今日から四月。日本では新年度のはじまりです。四月は「和風月名」では卯月(うづき)。前編で、卯月の由来について、「う」という音が特別なものだからこそ、十二月建の卯月(ぼうげつ)と表記がかぶるにも関わらず残存したのだ、ということについて言及しました。後編では、卯月と深く関わりがあるとされる、植物のウツギについて考察したいと思います。

あわせて読みたい

  • 稲の若苗が伸び、田植えの準備が始まるころ。七十二候 「霜止出苗 (しもやみて なえいずる)」。

    稲の若苗が伸び、田植えの準備が始まるころ。七十二候 「霜止出苗 (しもやみて なえいずる)」。

    tenki.jp

    4/25

    見ごろの始まる紫陽花!これも紫陽花?と思ったら…

    見ごろの始まる紫陽花!これも紫陽花?と思ったら…

    tenki.jp

    5/27

  • 和風月名・最大の謎「卯月」。うと卯と兎と宇をめぐる旅~前編~

    和風月名・最大の謎「卯月」。うと卯と兎と宇をめぐる旅~前編~

    tenki.jp

    3/31

    春爛漫の4月「卯月」。満開の花時が訪れる桜前線北上中!

    春爛漫の4月「卯月」。満開の花時が訪れる桜前線北上中!

    tenki.jp

    4/1

  • 北海道 卯月曇り 続きそう

    北海道 卯月曇り 続きそう

    tenki.jp

    5/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す