汗をかく季節に気になる顔の毛穴。どんなケアがよい? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

汗をかく季節に気になる顔の毛穴。どんなケアがよい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
ターンオーバー(肌の新陳代謝)も乱れがちな夏の肌

ターンオーバー(肌の新陳代謝)も乱れがちな夏の肌

毛穴に詰まった皮脂の塊が酸化して、黒くテンテンと散らばった状態に見えます

毛穴に詰まった皮脂の塊が酸化して、黒くテンテンと散らばった状態に見えます

数日に分けたこまめなケアで、ザラザラ肌も改善するばず!

数日に分けたこまめなケアで、ザラザラ肌も改善するばず!

できるだけ刺激の少ないタイプの洗顔料を選び、しっかり泡立てて優しく洗い流そう

できるだけ刺激の少ないタイプの洗顔料を選び、しっかり泡立てて優しく洗い流そう

頭皮マッサージは、リラックス効果もあるので取り入れるといいですね

頭皮マッサージは、リラックス効果もあるので取り入れるといいですね

むせ返るような暑さが続いていますが、帰省された方も多いことでしょう。
たくさん汗をかいた日は、シャワーで汗を流すと心も体もさっぱりしますが、8月に入って鏡の中の顔をじっくり見たことがありますか? もしかしたら鼻の頭あたりのテンテンと散らばる黒っぽい毛穴や、頬の毛穴がしずく型に開いていたり、鼻やあご部分の感触がザラザラとしているかもしれません。
夏は汗をかくことが多い分、毛穴トラブルが起きやすい季節。でも、毛穴トラブルはタイプ別にケアの方法が異なりますので、まずは自分の毛穴トラブルのタイプを認識するところから始めることが肝心です。

夏の時季に毛穴が汚れやすくなる理由とは?

夏は、冬より基礎代謝が活発になると思いがちですが、夏は屋内外の寒暖差で自律神経が乱れ、代謝が低下することで実は太りやすい季節ともいわれています。
さらに、知らず知らずのうちに紫外線を浴びた肌は乾燥状態に陥り、ターンオーバー(肌の新陳代謝)も乱れがち。そのため夏になると肌がゴワゴワした感触になったり、シワ・たるみといった肌の老化を進行させる危険性があるのです。
加えて汗をかく分、皮脂分泌が過剰になり、女性の方にとっては化粧崩れがしやすくなったり、皮脂テカリが起きやすくなります。さらに、肌がベタつくことで過剰な皮脂が毛穴に溜まって黒ずんだの、触ったときにザラザラした感触になります。
あなたの毛穴トラブルは次のどれに該当しますか?
●鼻の頭などにテンテンと散らばった黒ずんだ毛穴
●毛穴が開き、硬くなったザラザラした感触の毛穴
●しずく型に開いた毛穴
これらの毛穴トラブルがみつかった場合、そのままにせずに適切なケアをすることが大切! きちんとケアすれば、健やかな状態の肌で秋を迎えられますので、早速今日からとりかかってみましょう!

テンテンと散らばった黒ずんだ毛穴のケア

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、酸化して黒ずんでいる状態が「テンテンと散らばった黒ずんだ毛穴」になります。これは女性だけでなく男性にも意外と多いのです。
実はこの「テンテンと散らばった黒ずんだ毛穴」は、通常の洗顔方法では落ちにくい点が特徴です。
黒ずみが気になりゴシゴシ洗顔しがちですが、やってはいけないポイントは、
指先で小鼻の毛穴を挟むように押して、角栓を押し出すこと
ニュルッと角栓が出てくると汚れがとれるようで気持ちいいのですが、この方法は肌を傷めてしまう原因に。
さらに注意したい点は、一気にきれいにしたいと焦る気持ちです。そうした人が気をつけたい点は
毛穴の角栓除去シートパックは頻繁に使用いない
特に肌の弱い人は、赤く記した2つのポイントをしっかり守ってくださいね。
「テンテンと散らばった黒ずんだ毛穴」は簡単に一度では除去できないので、丁寧に時間をかけてケアすることが大切です。
【テンテンと散らばった黒ずんだ毛穴のケア方法】
●入浴直後や蒸しタオルを使って、毛穴を開いた状態に
●黒ずんだ毛穴部分に、フェイス用オイルをつけて指で優しくマッサージ
●マッサージが終わったら、しっかり泡だてた洗顔料で優しく洗い流す
●顔の水気を拭き取ったら、たっぷり保湿を

ザラザラした感触が気になる毛穴のケア

鼻の頭やあごに何気なく手をやったとき、ザラザラとした手触りが気になることがありますね。
これは、毛穴に溜まった角質がやがて角栓に変化し、それがザラザラした手触りになるのですが、原因のひとつに、過剰に分泌された皮脂に対して、洗顔方法が合っていないことがあげられます。……。
また誤った洗顔以外にも、ストレスや加齢によってターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れ、角質がうまくはがれずに角栓ができてしまうことも原因のひとつとされます。
ザラザラした感触が気になる毛穴ケアで気をつけたいポイントは、
スクラブタイプの洗顔料は、使用頻度に注意する
紫外線、汗、タオルやハンカチで汗を拭くときの刺激などで、夏の肌はかなりダメージを受けています。そのため、刺激の強いスクラブタイプの洗顔料を毎日使用するのではなく、泡立てるタイプの洗顔料と、使用頻度を併用するようにしましょう。
【ザラザラした感触が気になる毛穴のケア方法】
●顔全体に洗う前に、ザラザラした気になる場所にしっかりと泡だてた洗顔料をつける
●気になる部分を、泡だてた洗顔料で指の腹でクルクル動かすようにして洗う
●部分洗いが終わったら、次に顔全体を優しく洗う
●顔の水気を拭き取ったら、たっぶり保湿を

しずく型に開いた毛穴のケア

鼻の横のあたりや頬のあたりの毛穴が、よくみると「しずく型」になっていることがあります。これは毛穴が開いていることに加えてたるんでいるため「しずく型」に見えるのです。
このタイプの毛穴は加齢が原因があることが多いのですが、それ以外にも、若い世代にも日頃の紫外線などのケアを怠ることによって起きることがあります。毛穴がたるむと顔全体が老け顔に見えてしまうことも多いので、日頃のケアに取り組みたいですね。
毛穴のたるみが気になる人が注意したいポイントは、
肌を硬化させ、毛穴の開きの原因になる紫外線対策を
紫外線をたくさん浴びることで毛穴の開きが促進されますので、紫外線対策と平行して、入浴後の毛穴の引き締めにトライしてみましょう。
方法は簡単です。冷蔵庫に入れておいた化粧水をコットンに含ませ、軽くトントン優しく叩くイメージで肌の保湿&引き締めを! 肌ケアとしてこの習慣を毎日取り入れれば肌は少しずつ改善していくはずです。
【しずく型に開いた毛穴のケア方法】
●洗顔はできるだけ刺激の少ないタイプの洗顔料を選び、しっかり泡立てて優しく洗い流す
●洗顔後は、毛穴を引き締めるために、冷やした化粧水やシートパックなどを活用
※シートパックを使う際は、シートが触れない目や口まわりに先に化粧水やクリームなどをつけて乾燥から保護しましょう
●最後にクリームやホホバオイルなどの保湿液を顔全体に塗布し、乾燥を防ぎましょう

夏のダメージを受けた頭皮も労ろう!

今回、3つの毛穴トラブル別のケア方法をご紹介しましたが、これ以外にもストレスや疲れから頭皮が硬くなると、顔の筋肉が硬化し、顔のたるみが生じたり、毛穴が開く原因になることもあります。
シャンプーのときに頭皮マッサージをいつもより入念に行ったり、頭皮マッサージ用のブラシや器具を活用して、頭皮のリンパの流れを促進してみるのもおすすめです。
頭皮は顔の肌とつながっていますので、頭皮が正常になると自然と顔も引き締められる効果が期待できますので、毛穴ケアと平行してぜひ時間のある時にやってみてくださいね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい