積丹のウニ漁解禁!!紅白のウニ丼、ハート型の島、積丹ブルーが待っている! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

積丹のウニ漁解禁!!紅白のウニ丼、ハート型の島、積丹ブルーが待っている!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
“赤ウニ”と“白ウニ”のぜいたくな「紅白丼」

“赤ウニ”と“白ウニ”のぜいたくな「紅白丼」

ハート型の「宝島」

ハート型の「宝島」

神威岬の突端まで歩いていくことができる

神威岬の突端まで歩いていくことができる

神威岬の突端から続く神威岩と岩礁。

神威岬の突端から続く神威岩と岩礁。

北海道にはおいしいウニが獲れる地が数多くあり、その地によって、獲れる種類や旬の時期が違います。そんな北海道でも積丹(しゃこたん)半島のウニは、漁獲量も味も天下一品。6月に解禁される積丹のウニ漁。この日を待っていたウニ丼ファンも多いそうです。

やっぱり日本海側のウニがうまい!! 6月の解禁を待っていました

ウニ丼の発祥は礼文島といわれていますが、北海道民が「ウニ丼」といって真っ先に思い浮かべるのが日本海側、特に積丹半島でしょう。6月になると、積丹のウニ漁の解禁を待っていましたとばかりにウニ丼を食べる人で町はにぎわいます。
北海道のウニがおいしいのには理由があります。それは、ウニが食べる海藻そのものがおいしいこと。ご存じのように北海道は昆布の大生産地です。この良質な昆布のおかげでウニがおいしくなるのです。
積丹では2種類のウニが漁獲されますが、ウニ丼に使われるほとんどが「キタムラサキウニ」です。トゲが長めでムラサキウニよりも大きいのが特徴です。身が白っぽいので、地元では「シロ」とよばれています。
一方、トゲが短く、見た目が亀の子タワシのような「エゾバフンウニ」も漁獲されます。味は濃厚、甘みも極上な絶品ウニで、色が赤っぽいので「アカ」とよばれていますが、漁獲数が少ないので価格は高め。
積丹には赤いエゾバフンウニだけの極上ウニ丼を提供する店もありますが、アカとシロの2種類のウニをのせた「紅白丼」も魅力的です。ウニは鮮度が命。朝に獲れたウニをその日のうちに食べるのがベストです。しかも、積丹では2種類のウニを堪能することができます。ウニ漁が解禁になる6月~8月、一度は積丹でウニ丼を食べてみたいですね。
〈参考:Good Day 北海道「ウニの漁獲量日本一・北海道! 夏の積丹 ウニtrip]」〉

黄金岬の先にハート型の「宝島」!! 観光船で青い海を堪能

積丹半島で最近話題になっているのが、ハートの形をした島です。
積丹半島は奇岩や大岩が続く海岸線で、いくつもの岬を有しますが、積丹三大岬の一つに黄金岬があります。積丹半島先端の東側、美国に位置するこの岬から300mほど沖にいったところに浮かぶ小さな島が、ハート型の「宝島」です。昔、ニシンの豊漁が続き、町に巨万の富をもたらしたことから、この名がついたといわれています。
黄金岬の展望台から宝島を眺めることができますが、残念ながら見ることができるのは島の側面だけ。ハート型の全貌を見ることはできませんが、「上から見るとハート型」とイメージしながら眺めるといいかもしれません。
宝島には上陸することはできませんが、観光船で島の近くを通ることができます。美国港を出発し、黄金岬、ビヤノ岬、宝島などを通り、乗船時間は約40分。船の上からは青い海とダイナミックな景観、船の底からは水中の神秘的な景観を楽しむことができます。宝島の近くを通るので、その“ご利益”にあずかることができるかもしれませんね。
〈参考:積丹観光振興公社「水中展望船 ニューしゃこたん号」〉

青い青い「積丹ブルー」。透明度抜群のコバルトブルーの海!!

奇岩と大岩で絶景を堪能できる積丹半島には多くの岬がありますが、中でも風光明媚な神威岬、積丹岬、黄金岬は積丹三大岬とよばれていて、道内外からの観光客の人気スポットです。これらの切り立つ海岸線から望むことができる青い海は、息をのむほどの青さです。
北海道には各地に青く美しい海や湖があり、それぞれの地名をつけて「○○ブルー」とよばれています。たとえば美瑛の青い池は「美瑛ブルー」、透明度が高い摩周湖は「摩周ブルー」など。
いろいろなブルーがある北海道で、積丹の海は透明度が高く、特に青い色が美しいので、「積丹ブルー」とよばれ、その美しさは全国的に知られるほどの知名度です。肉眼で水深7mの海底を見ることができるほど透き通っている海の青さは、真っ青なコバルトブルー。この青色は、南国の海のエメラルドグリーンのような暖かい色合いとは違い、シアン一色で描き表せるような清々しいその色は、北国らしい青さともいえるでしょう。
北海道は今、新緑の季節です。風も爽やかな初夏は、まさに観光シーズン。見どころいっぱいの北海道の中でも、ウニ漁の解禁を迎える積丹は特にオススメです。札幌から積丹までは車で2時間20分ほどで行くことができるので、ドライブにも最適。積丹の青い海と新鮮なウニ丼。6月の解禁日が待ち遠しいですね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい