同じ「湿度50%」でも、冬と夏では感じ方が違うのはなぜ?「湿度」のなぞに迫ります

2018/06/26 16:30

梅雨の季節は、湿気でジメジメとした日が続き、気分まで憂うつになってきますね。このジメジメは「湿度◯%」で表されますが、夏と冬ではどのくらい違うかご存じですか? 気象庁のHPで調べてみると、2017年(東京)の平均湿度は「6月が73%」「1月が53%」でした。この数字を見て「意外と多い」と感じた方もいるのではないでしょうか。そうなんです。乾燥する冬でも、実は湿度が50%を超える日もあるんです。しかも、夏と冬では同じ「湿度50%」の日でも感じ方が違うようなんです……。そこで「そもそも湿度ってなに?」ということで、今日は湿度に関するなぞに迫ります。

湿度はふつう「相対湿度」を指します
湿度はふつう「相対湿度」を指します
湿度には「相対湿度」と「絶対湿度」があるって知ってた? 実は「湿度」には二つの尺度があります。 私たちが「湿度」というときは、空気の中の水分の割合を意味し、正式には「相対湿度」と呼ばれています。もう一つは「絶対湿度」と呼ばれる尺度があります。 ●相対湿度(%) 飽和水蒸気量(ある温度の空気中に含みうる最大限の水分量)に比べて、どの程度の水分を含んでいるかを示す尺度 ●絶対湿度(kg/kg) 湿り空気(一般に存在する空気)中の、乾き空気(全く水分を含まない空気)1㎏に対する水蒸気の重量を示す尺度 わかりにくいので【例】で説明しましょう。 【例1】 「空気を座席数が決まっている電車と考えます。 最大で20人座ることができますが、10席だけが埋まっているとしましょう。この場合『相対湿度』は50%ということになります。対して、絶対湿度は、実際に座っている人の数になりますので、1人を0.001kgとした場合、『絶対湿度』は0.010kg/kg(=座っている人が10人)となります」 さらに簡単にいうと、「相対湿度」では電車の混み具合が、「絶対湿度」では実際の電車に乗っている人数がわかります。ちなみに電車の座席数(=飽和水蒸気量)は温度によって変わります。
「相対湿度」は乗車率のようなもの
「相対湿度」は乗車率のようなもの
湿度は、気温によって変化する 温度が上がると空気中に含まれる水分量(=飽和水蒸気量)が多くなります。すると、「絶対湿度」は同じでも「相対湿度」は変わってきます。 ここでも【例】でみていきましょう。 【例2】 「温度15℃のときは、座席数が20席あり10人が座っているとしましょう。1人を0.001kgとした場合、『絶対湿度』は0.010kg/kgで、『相対湿度』は 50%。温度25℃になると座席数が25席に増えます。座っている人は10人とすると、『絶対湿度』は先ほどと変わらず、 0.010kg/kgです。しかし、全体の座席数が増えたので『相対湿度』は40%に下がります」 以上のことを踏まえて「相対湿度50%」だった場合を考えると、温度が高いほうが「絶対湿度」も大きくなることがわかります。 つまり、気温の高い夏と気温の低い冬とでは、夏のほうが水蒸気の重量(絶対湿度)が多くなるため「湿度50%」でも夏と冬とでは感じ方が異なるのです。 ── ちなみに、夏場に一般に快適といわれる室内温度は25~28℃、室内湿度は55~65%くらいだそう。湿度が高いと体感温度も高くなるので、温度だけでなく湿度調整もお忘れなく! 参考HP:加湿.net
クーラーで湿度も調整し、快適に過ごそう
クーラーで湿度も調整し、快適に過ごそう

あわせて読みたい

  • 今の時期、ウイルスが好む温度・湿度に要注意

    今の時期、ウイルスが好む温度・湿度に要注意

    tenki.jp

    1/27

    冬の部屋干しで暖房を上手に活用する方法や注意点を解説

    冬の部屋干しで暖房を上手に活用する方法や注意点を解説

    tenki.jp

    12/7

  • 湿気をやっつけろ! プロに聞く「エアコン除湿」の正しい使い方

    湿気をやっつけろ! プロに聞く「エアコン除湿」の正しい使い方

    週刊朝日

    6/23

    冬の部屋干しは結露に注意!原因&対策を分かりやすく解説

    冬の部屋干しは結露に注意!原因&対策を分かりやすく解説

    tenki.jp

    2/5

  • 冬の脱水予防 夏だけでなく今こそ水分補給が大切な3つの要因
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    冬の脱水予防 夏だけでなく今こそ水分補給が大切な3つの要因

    dot.

    12/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す