写真・図版 | 「相手がそこにいる感覚」3Dアバター会議でリアル超え? 目線や手の動き反映、発言の翻訳機能も〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「相手がそこにいる感覚」3Dアバター会議でリアル超え? 目線や手の動き反映、発言の翻訳機能も 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣,渡辺豪AERA

NeWorkのワークスペース。大きな輪が会議室のようなイメージの「バブル」。バブルの外でも立ち話感覚で話しかけられる(写真:NTTコミュニケーションズ提供)

NeWorkのワークスペース。大きな輪が会議室のようなイメージの「バブル」。バブルの外でも立ち話感覚で話しかけられる(写真:NTTコミュニケーションズ提供)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい