「10年後の悪夢が突然現実に」 JR西日本社長が語る巨額赤字・終電繰り上げ・3密防止システム

  • 長谷川一明(はせがわ・かずあき)/1981年、東京大学法学部卒。国鉄入社後87年からJR西日本。常務、副社長などを経て2019年12月から現職(撮影/写真部・東川哲也)

    長谷川一明(はせがわ・かずあき)/1981年、東京大学法学部卒。国鉄入社後87年からJR西日本。常務、副社長などを経て2019年12月から現職(撮影/写真部・東川哲也)

  • コロナ禍で鉄道利用者が激減し閑散としていた5月のJR大阪駅前。長谷川社長は「今後もV字回復は難しい」と話す/5月7日午前9時58分、大阪市北区 (c)朝日新聞社

    コロナ禍で鉄道利用者が激減し閑散としていた5月のJR大阪駅前。長谷川社長は「今後もV字回復は難しい」と話す/5月7日午前9時58分、大阪市北区 (c)朝日新聞社

  • 関連記事

    • 魅力的な電車は「西高東低」だった? JRになって最も進化したこととは

      魅力的な電車は「西高東低」だった? JRになって最も進化したこととは

    • 新型コロナ禍、どうしても列車に乗らなければならない時、どうする?

      新型コロナ禍、どうしても列車に乗らなければならない時、どうする?

    • 米国の総投票数4分の1「郵便投票」が危機…大統領選「投票所に行くしかない」声も

      米国の総投票数4分の1「郵便投票」が危機…大統領選「投票所に行くしかない」声も

    写真の記事を読む
長谷川一明(はせがわ・かずあき)/1981年、東京大学法学部卒。国鉄入社後87年からJR西日本。常務、副社長などを経て2019年12月から現職(撮影/写真部・東川哲也)
コロナ禍で鉄道利用者が激減し閑散としていた5月のJR大阪駅前。長谷川社長は「今後もV字回復は難しい」と話す/5月7日午前9時58分、大阪市北区 (c)朝日新聞社
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 老舗ホテルが生き残りをかけ、テレワークや終電対応 “苦渋の選択”で 休館・営業縮小も

    老舗ホテルが生き残りをかけ、テレワークや終電対応 “苦渋の選択”で 休館・営業縮小も

    週刊朝日

    1/28

    コロナ苦境で赤字のJR「再結集」はあり得るのか? JR西日本社長が語る「NTTとの違い」

    コロナ苦境で赤字のJR「再結集」はあり得るのか? JR西日本社長が語る「NTTとの違い」

    AERA

    10/23

  • 昭和の頃は”高嶺の花”だった有料の特急 いまや快適な通勤に利用されるワケとは?

    昭和の頃は”高嶺の花”だった有料の特急 いまや快適な通勤に利用されるワケとは?

    dot.

    11/3

    東海道新幹線の熱海駅に日本で初めて「ホームドア」から48年 いまだ全駅設置にならない理由

    東海道新幹線の熱海駅に日本で初めて「ホームドア」から48年 いまだ全駅設置にならない理由

    dot.

    7/29

  • ヨドバシカメラに袖にされた大塚久美子社長が画策する延命策とは?

    ヨドバシカメラに袖にされた大塚久美子社長が画策する延命策とは?

    週刊朝日

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す