写真・図版 | 舞台「海辺のカフカ」が蜷川作品の中で“特別”になったワケ〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

舞台「海辺のカフカ」が蜷川作品の中で“特別”になったワケ 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
山口宏子AERA

知的障害を持つが猫と話ができ、迷い猫の捜索で日銭を稼ぐナカタさん役の木場勝己。2012年の初演以来、当たり役として好演している[写真:KOS-CREA(国際交流基金提供)]

知的障害を持つが猫と話ができ、迷い猫の捜索で日銭を稼ぐナカタさん役の木場勝己。2012年の初演以来、当たり役として好演している[写真:KOS-CREA(国際交流基金提供)]

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい