写真・図版 | 話題の家庭用焙煎機を開発・監修した焙煎世界チャンピオンのエグいこだわり〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

話題の家庭用焙煎機を開発・監修した焙煎世界チャンピオンのエグいこだわり 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤渉dot.#企業

後藤直紀(ごとう・なおき)/東京の老舗「バッハコーヒー」(カフェバッハ)で田口護氏に3年間師事し、焙煎理論・技術を中心に、素材や製品の検証技術、抽出の基礎理論、店舗運営やサービスの基本、コーヒーマンとしての心構えを学ぶ。2008年6月に福岡県大野城市に「豆香洞コーヒー」をオープン。2012年に「ジャパンコーヒーロースティングチャレンジ」で優勝、続く13年に焙煎世界大会(World Coffee Roasting Championship)で優勝を果たし、現時点では国内唯一の世界チャンピオン(撮影/佐藤渉)

後藤直紀(ごとう・なおき)/東京の老舗「バッハコーヒー」(カフェバッハ)で田口護氏に3年間師事し、焙煎理論・技術を中心に、素材や製品の検証技術、抽出の基礎理論、店舗運営やサービスの基本、コーヒーマンとしての心構えを学ぶ。2008年6月に福岡県大野城市に「豆香洞コーヒー」をオープン。2012年に「ジャパンコーヒーロースティングチャレンジ」で優勝、続く13年に焙煎世界大会(World Coffee Roasting Championship)で優勝を果たし、現時点では国内唯一の世界チャンピオン(撮影/佐藤渉)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい