写真・図版 | あのブラタモリがきっかけ? 古地図で楽しむ日本再発見〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あのブラタモリがきっかけ? 古地図で楽しむ日本再発見 2/4

野村昌二AERA#歴史

築地八町堀 日本橋南絵図 全江戸切絵図は、錦絵双紙商の尾張屋清七などが版元となり、嘉永元(1848)年から慶応元(1865)年に黄金期を築いた。作者は景山致恭。築地本願寺、佃島が見える(写真:国土地理院提供<www.gsi.go.jp>)

築地八町堀 日本橋南絵図 全
江戸切絵図は、錦絵双紙商の尾張屋清七などが版元となり、嘉永元(1848)年から慶応元(1865)年に黄金期を築いた。作者は景山致恭。築地本願寺、佃島が見える(写真:国土地理院提供<www.gsi.go.jp>)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい