写真・図版 | 「研究不正4つのパターン」捏造を目にした研究者が明かす〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「研究不正4つのパターン」捏造を目にした研究者が明かす 

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#STAP細胞

改革委は、問題の背景には、行き過ぎた成果主義があるとした。iPS細胞を凌駕する画期的な成果を獲得したいという強い動機で、小保方さんの採用は、資質や研究内容を精査する通常の検討を省略した (c)朝日新聞社 @@写禁

改革委は、問題の背景には、行き過ぎた成果主義があるとした。iPS細胞を凌駕する画期的な成果を獲得したいという強い動機で、小保方さんの採用は、資質や研究内容を精査する通常の検討を省略した (c)朝日新聞社 

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい