江戸時代の東京が同時代のヨーロッパより圧倒的に"美しい街"だった宗教的な理由

江戸の中心には寺社がなかった

歴史

2021/07/29 16:20

 江戸時代の東京は、いったいどんな街だったのか。『カラー版 東京で見つける江戸』(平凡社新書)を書いた歴史評論家の香原斗志さんは「江戸は水と緑にあふれ、野鳥の天国だった。その美しさは同時代の欧州の諸都市をはるかにしのぐものだった」という――。

あわせて読みたい

  • 「足るを知る」生き方のススメ 江戸の庶民に学ぶ!

    「足るを知る」生き方のススメ 江戸の庶民に学ぶ!

    週刊朝日

    2/10

    分離派建築会 御茶ノ水の聖橋も 「建築は芸術だ」100年前の若者たちの建築運動を辿る

    分離派建築会 御茶ノ水の聖橋も 「建築は芸術だ」100年前の若者たちの建築運動を辿る

    AERA

    12/13

  • 都会で自然といきもの探し この夏は「江戸」と「東京」を繋ぐちょっと変わった街歩き

    都会で自然といきもの探し この夏は「江戸」と「東京」を繋ぐちょっと変わった街歩き

    BOOKSTAND

    8/3

    東京・横浜の紅葉が見ごろに!古き良き庭園でお散歩はいかがですか

    東京・横浜の紅葉が見ごろに!古き良き庭園でお散歩はいかがですか

    tenki.jp

    11/25

  • 今日が命日の紀伊国屋文左衛門 謎多きその人生とは
    筆者の顔写真

    鈴子

    今日が命日の紀伊国屋文左衛門 謎多きその人生とは

    dot.

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す