家畜の肉や料理を周囲の人々と分け合うイスラム教の犠牲祭「イード」

 イスラム教の祝祭「イード」は「犠牲祭」とも呼ばれ、慣例行事として金銭的に恵まれている人が家畜を提供し、その肉や料理を周囲の人々と分け合います。長年、宗教をテーマに写してきた写真家・寺本雅彦さんがバングラデシュの首都ダッカで撮影したイードの作品を紹介します。

【関連記事】
動物を殺して食べることの原点――イスラム教の「犠牲祭」を撮った写真家・寺本雅彦

あわせて読みたい

  • 動物を殺して食べることの原点――イスラム教の「犠牲祭」を撮った写真家・寺本雅彦

    動物を殺して食べることの原点――イスラム教の「犠牲祭」を撮った写真家・寺本雅彦

    dot.

    12/15

    イスラーム 生と死と聖戦

    イスラーム 生と死と聖戦

    週刊朝日

    4/2

  • 動物を殺さず作る「培養ステーキ肉」、環境保護と食糧危機に備えた東大と日清の共同研究が世界の先頭を走る

    動物を殺さず作る「培養ステーキ肉」、環境保護と食糧危機に備えた東大と日清の共同研究が世界の先頭を走る

    AERA

    10/17

    もう一つの沖縄戦

    もう一つの沖縄戦 "戦争マラリア" を知っていますか?

    BOOKSTAND

    7/11

  • イスラム国 残虐な処刑法と洗練されたメディア戦略

    イスラム国 残虐な処刑法と洗練されたメディア戦略

    AERA

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す