「撮らせてください」「俺を撮りたいのか?」群衆のなかで出会った目ぢからが光る人々

 写真家・元田敬三さんはストロボをつけた大きな一眼レフを首から下げ、撮りたいと思う人と出会うまでひたすら街を歩き続ける。撮りたいのは街の熱気に負けないエネルギーを放つ人。「すみません、撮らせてください」と声をかけ、レンズを向ける。撮影をお願いして、断られることはほとんどないという。「撮らせてほしい人って、仕事やお金を稼ぐこと以外に好きなことをやっている人が多いから、ぼくの思いは意外と伝わります」(元田さん)。

【関連記事】
街で人とぶつかり合って写真になる 写真家・元田敬三の熱量

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す