富士山を眺める新たな観光列車デビュー、富士急行が目指す地域の価値向上を取材してきた〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

富士山を眺める新たな観光列車デビュー、富士急行が目指す地域の価値向上を取材してきた〈トラベルボイス〉

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士急行は2016年4月23日から、大月/河口湖駅間で新観光列車「富士山ビュー特急」の運行を開始する。特徴は、“富士山に一番近い鉄道”ならではの雄大な富士山の景観と、人気の観光列車を手掛ける水戸岡鋭治氏の車両デザイン。デビュー前に行われた旅行関係者の試乗会で新特急に乗り、富士五湖エリアの観光スポットをめぐってみた。
 
【関連記事】
富士山を眺める新たな観光列車デビュー、富士急行が目指す地域の価値向上を取材してきた〈トラベルボイス〉


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい