ファーストクラスの機内食 ~IN-FLIGHT MEALS FOR FIRST CLASS

  • シンガポール航空
シンガポール航空で提供される機内食(洋食)。ドンペリニヨンなどのシャンパンやワインとともに

    シンガポール航空
    シンガポール航空で提供される機内食(洋食)。ドンペリニヨンなどのシャンパンやワインとともに

  • <Menu>
―カナッペ―
サテー、タマネギ、キュウリ、スパイシーピーナッツソース
パルマハムに根セロリのレムラード、オリーブ添え
リークとポテトのスープ、パルマハムとアサツキ添え
―サラダ―
ロブスターソテーにロブスターソース添え、青豆入りサフランピラフ、セミドライベビートマト、アスパラガスとポロ葱
―フィナーレ―
エスプレッソパルフェにココナッツシャーベットなど3種
季節のフルーツ

    <Menu> ―カナッペ― サテー、タマネギ、キュウリ、スパイシーピーナッツソース
    パルマハムに根セロリのレムラード、オリーブ添え
    リークとポテトのスープ、パルマハムとアサツキ添え ―サラダ― ロブスターソテーにロブスターソース添え、青豆入りサフランピラフ、セミドライベビートマト、アスパラガスとポロ葱 ―フィナーレ― エスプレッソパルフェにココナッツシャーベットなど3種
    季節のフルーツ

  • 1998年9月、世界で初めて「スターシェフ」監修の機内食の提供を始めたシンガポール航空。それだけに機内食開発には力を注ぐ。気圧の関係で上空では味が薄く感じられるため、味付けは減圧室で研究する徹底ぶり

    1998年9月、世界で初めて「スターシェフ」監修の機内食の提供を始めたシンガポール航空。それだけに機内食開発には力を注ぐ。気圧の関係で上空では味が薄く感じられるため、味付けは減圧室で研究する徹底ぶり

  • ソースひとつにも“本国の味”を再現
“本国の味”を追求し、サテーのソースは、シンガポールの野菜で作ったものを使用。ニンニクひとつ取っても、日本産とは味が異なるからだ。

    ソースひとつにも“本国の味”を再現
    “本国の味”を追求し、サテーのソースは、シンガポールの野菜で作ったものを使用。ニンニクひとつ取っても、日本産とは味が異なるからだ。

  • 日本発なら14種類、シンガポール発なら60種類以上のメニューから好きなメイン料理を予約注文できる

    日本発なら14種類、シンガポール発なら60種類以上のメニューから好きなメイン料理を予約注文できる

  • 紹介したメニューは、ファーストクラスよりさらに上の「スイート」(写真、一部の機体のみ)でも楽しめる

    紹介したメニューは、ファーストクラスよりさらに上の「スイート」(写真、一部の機体のみ)でも楽しめる

  • 日本航空
<Menu>
―季節の小皿 五彩―
無花果胡麻和え、焼き茄子と穴子、厚焼き玉子、うにととうもろこし冷製茶碗蒸し、温かな煮鮑
―お椀―
車海老と蓮根餅の椀
―海鮮―
鰹のタタキと夏野菜、毛蟹とキャビア
―台の物―
厚切り和牛フィレ肉と賀茂茄子すき焼き夏仕立て
―飯物―
白ご飯(ちりめん山椒)
―留め椀―
味噌汁、香の物
―甘味―
マンゴーとハーブティーのカキ氷、六本木ぷりん
すだち最中

    日本航空
    <Menu>
    ―季節の小皿 五彩― 無花果胡麻和え、焼き茄子と穴子、厚焼き玉子、うにととうもろこし冷製茶碗蒸し、温かな煮鮑 ―お椀― 車海老と蓮根餅の椀 ―海鮮― 鰹のタタキと夏野菜、毛蟹とキャビア ―台の物― 厚切り和牛フィレ肉と賀茂茄子すき焼き夏仕立て ―飯物― 白ご飯(ちりめん山椒) ―留め椀― 味噌汁、香の物 ―甘味― マンゴーとハーブティーのカキ氷、六本木ぷりん
    すだち最中

  • JALのファーストクラスの和食は、ミシュラン三つ星店「龍吟」の山本征治氏が監修。鰹のタタキのソースにいぶりがっこを入れることで藁焼き風味を添えたり、厚切り和牛フィレ肉を賀茂茄子と共にすき焼き風に仕立てるなど、随所に工夫が凝らされている

    JALのファーストクラスの和食は、ミシュラン三つ星店「龍吟」の山本征治氏が監修。鰹のタタキのソースにいぶりがっこを入れることで藁焼き風味を添えたり、厚切り和牛フィレ肉を賀茂茄子と共にすき焼き風に仕立てるなど、随所に工夫が凝らされている

  • 見た目にも心を配り 和食を世界に発信
味だけでなく見た目についても、山本氏の流儀を機上で実現させている。とくに前菜「季節の小皿 五彩」は、盆の上の小皿の配置もしっかり決まっており、盛り付けにも「和食を世界に発信したい」という山本氏の強い思いが反映されている

    見た目にも心を配り 和食を世界に発信
    味だけでなく見た目についても、山本氏の流儀を機上で実現させている。とくに前菜「季節の小皿 五彩」は、盆の上の小皿の配置もしっかり決まっており、盛り付けにも「和食を世界に発信したい」という山本氏の強い思いが反映されている

  • ファーストクラスで供されるお酒も、各種取り揃えている

    ファーストクラスで供されるお酒も、各種取り揃えている

  • エールフランス
<Menu>
―アミューズ―
蟹サラダのマンゴーサルサ添え、スモークサーモンの巻き物と新鮮なチーズ、銀杏、鴨のフォアグラ
胡瓜、ベルペッパー、玉ねぎ入りのガスパチョスープ
鴨フォアグラテリーヌとイチゴ
シャラン産鴨フィレ肉にレモン風味のジュを添えて
サラダのセレクション
季節の特選チーズ
―デザート各種―
ウォールナッツ‐チョコレートケーキなど4種
ソルべ各種
フルーツ盛り合わせ

    エールフランス
    <Menu>
    ―アミューズ― 蟹サラダのマンゴーサルサ添え、スモークサーモンの巻き物と新鮮なチーズ、銀杏、鴨のフォアグラ
    胡瓜、ベルペッパー、玉ねぎ入りのガスパチョスープ
    鴨フォアグラテリーヌとイチゴ
    シャラン産鴨フィレ肉にレモン風味のジュを添えて
    サラダのセレクション 季節の特選チーズ ―デザート各種― ウォールナッツ‐チョコレートケーキなど4種
    ソルべ各種
    フルーツ盛り合わせ

  • 日本産小麦では本国のようなパンが焼けないため、パン種をベルギーから空輸し、搭乗時間ギリギリに焼いて提供している。チーズは季節に合わせた複数種から選べる

    日本産小麦では本国のようなパンが焼けないため、パン種をベルギーから空輸し、搭乗時間ギリギリに焼いて提供している。チーズは季節に合わせた複数種から選べる

  • ジョエル・ロブション氏監修の本格メニュー
メインの鴨肉は、フランスのシャラン産鴨。監修は、ジョエル・ロブション氏。コースにフォアグラが必ず入るのが特徴だ

    ジョエル・ロブション氏監修の本格メニュー
    メインの鴨肉は、フランスのシャラン産鴨。監修は、ジョエル・ロブション氏。コースにフォアグラが必ず入るのが特徴だ

  • エールフランスファーストクラスの座席

    エールフランスファーストクラスの座席

  • 全日空
<Menu>
―先附―
とうもろこし饅頭
―前菜―
冷やしゼリー掛け、海老笹巻き寿司、焼き鮎、酢蓮根、黄味味噌漬け、鰻八幡巻き
―お碗―
鹿の子真丈
―お造り―
鱧焼き霜造り
―煮物―
冷やし煮物
―小鉢―
和牛ロースト辛子醤油
―主菜―
宋八鰈野菜献珍蒸し
―御飯―
御飯、味噌汁、香の物
―和菓子―
とらや羊羹「新緑」

    全日空
    <Menu>
    ―先附― とうもろこし饅頭 ―前菜― 冷やしゼリー掛け、海老笹巻き寿司、焼き鮎、酢蓮根、黄味味噌漬け、鰻八幡巻き ―お碗― 鹿の子真丈 ―お造り― 鱧焼き霜造り ―煮物― 冷やし煮物 ―小鉢― 和牛ロースト辛子醤油 ―主菜― 宋八鰈野菜献珍蒸し ―御飯― 御飯、味噌汁、香の物 ―和菓子― とらや羊羹「新緑」

  • ANAの機内食は、「ザ・コノシュアーズ」というチームがプロデュースする。これは社外の料理人や飲み物のプロと、ANAシェフの合同チーム。「ピエール・ガニェール」「銀座奥田」などミシュラン星付き店のシェフも名を連ね、総勢26人で構成されている。先附から始まる和食は、小ぶりな盆で一品ずつ運ばれる

    ANAの機内食は、「ザ・コノシュアーズ」というチームがプロデュースする。これは社外の料理人や飲み物のプロと、ANAシェフの合同チーム。「ピエール・ガニェール」「銀座奥田」などミシュラン星付き店のシェフも名を連ね、総勢26人で構成されている。先附から始まる和食は、小ぶりな盆で一品ずつ運ばれる

  • 季節に合わせて 四季折々の食材を提供
四季折々の食材を出すことに重きが置かれ、3カ月に1度切り替わる。ただし料理によっては、月替わりのものも。たとえば6月の主菜は宗八鰈野菜献珍蒸し(写真右端上)だが、7月には時鮭塩焼き、8月には蒸し鯛香り餡掛けになる

    季節に合わせて 四季折々の食材を提供
    四季折々の食材を出すことに重きが置かれ、3カ月に1度切り替わる。ただし料理によっては、月替わりのものも。たとえば6月の主菜は宗八鰈野菜献珍蒸し(写真右端上)だが、7月には時鮭塩焼き、8月には蒸し鯛香り餡掛けになる

  • ANAファーストクラスの座席

    ANAファーストクラスの座席

  • 関連記事

    • 三ツ星レストランも監修 一度は食べたい「究極の機内食」

      三ツ星レストランも監修 一度は食べたい「究極の機内食」

    • 航空499社の安全性格付け、フルサービスの首位はカンタス航空、LCCはウェストジェットなど -AirlineRating.com2015

      航空499社の安全性格付け、フルサービスの首位はカンタス航空、LCCはウェストジェットなど -AirlineRating.com2015

    • 悔しいくらいおいしかったファーストクラスの機内食に涙が出た理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

      悔しいくらいおいしかったファーストクラスの機内食に涙が出た理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

    写真の記事を読む
シンガポール航空
シンガポール航空で提供される機内食(洋食)。ドンペリニヨンなどのシャンパンやワインとともに
<Menu>
―カナッペ―
サテー、タマネギ、キュウリ、スパイシーピーナッツソース
パルマハムに根セロリのレムラード、オリーブ添え
リークとポテトのスープ、パルマハムとアサツキ添え
―サラダ―
ロブスターソテーにロブスターソース添え、青豆入りサフランピラフ、セミドライベビートマト、アスパラガスとポロ葱
―フィナーレ―
エスプレッソパルフェにココナッツシャーベットなど3種
季節のフルーツ
1998年9月、世界で初めて「スターシェフ」監修の機内食の提供を始めたシンガポール航空。それだけに機内食開発には力を注ぐ。気圧の関係で上空では味が薄く感じられるため、味付けは減圧室で研究する徹底ぶり
ソースひとつにも“本国の味”を再現
“本国の味”を追求し、サテーのソースは、シンガポールの野菜で作ったものを使用。ニンニクひとつ取っても、日本産とは味が異なるからだ。
日本発なら14種類、シンガポール発なら60種類以上のメニューから好きなメイン料理を予約注文できる
紹介したメニューは、ファーストクラスよりさらに上の「スイート」(写真、一部の機体のみ)でも楽しめる
日本航空
<Menu>
―季節の小皿 五彩―
無花果胡麻和え、焼き茄子と穴子、厚焼き玉子、うにととうもろこし冷製茶碗蒸し、温かな煮鮑
―お椀―
車海老と蓮根餅の椀
―海鮮―
鰹のタタキと夏野菜、毛蟹とキャビア
―台の物―
厚切り和牛フィレ肉と賀茂茄子すき焼き夏仕立て
―飯物―
白ご飯(ちりめん山椒)
―留め椀―
味噌汁、香の物
―甘味―
マンゴーとハーブティーのカキ氷、六本木ぷりん
すだち最中
JALのファーストクラスの和食は、ミシュラン三つ星店「龍吟」の山本征治氏が監修。鰹のタタキのソースにいぶりがっこを入れることで藁焼き風味を添えたり、厚切り和牛フィレ肉を賀茂茄子と共にすき焼き風に仕立てるなど、随所に工夫が凝らされている
見た目にも心を配り 和食を世界に発信
味だけでなく見た目についても、山本氏の流儀を機上で実現させている。とくに前菜「季節の小皿 五彩」は、盆の上の小皿の配置もしっかり決まっており、盛り付けにも「和食を世界に発信したい」という山本氏の強い思いが反映されている
ファーストクラスで供されるお酒も、各種取り揃えている
エールフランス
<Menu>
―アミューズ―
蟹サラダのマンゴーサルサ添え、スモークサーモンの巻き物と新鮮なチーズ、銀杏、鴨のフォアグラ
胡瓜、ベルペッパー、玉ねぎ入りのガスパチョスープ
鴨フォアグラテリーヌとイチゴ
シャラン産鴨フィレ肉にレモン風味のジュを添えて
サラダのセレクション
季節の特選チーズ
―デザート各種―
ウォールナッツ‐チョコレートケーキなど4種
ソルべ各種
フルーツ盛り合わせ
日本産小麦では本国のようなパンが焼けないため、パン種をベルギーから空輸し、搭乗時間ギリギリに焼いて提供している。チーズは季節に合わせた複数種から選べる
ジョエル・ロブション氏監修の本格メニュー
メインの鴨肉は、フランスのシャラン産鴨。監修は、ジョエル・ロブション氏。コースにフォアグラが必ず入るのが特徴だ
エールフランスファーストクラスの座席
全日空
<Menu>
―先附―
とうもろこし饅頭
―前菜―
冷やしゼリー掛け、海老笹巻き寿司、焼き鮎、酢蓮根、黄味味噌漬け、鰻八幡巻き
―お碗―
鹿の子真丈
―お造り―
鱧焼き霜造り
―煮物―
冷やし煮物
―小鉢―
和牛ロースト辛子醤油
―主菜―
宋八鰈野菜献珍蒸し
―御飯―
御飯、味噌汁、香の物
―和菓子―
とらや羊羹「新緑」
ANAの機内食は、「ザ・コノシュアーズ」というチームがプロデュースする。これは社外の料理人や飲み物のプロと、ANAシェフの合同チーム。「ピエール・ガニェール」「銀座奥田」などミシュラン星付き店のシェフも名を連ね、総勢26人で構成されている。先附から始まる和食は、小ぶりな盆で一品ずつ運ばれる
季節に合わせて 四季折々の食材を提供
四季折々の食材を出すことに重きが置かれ、3カ月に1度切り替わる。ただし料理によっては、月替わりのものも。たとえば6月の主菜は宗八鰈野菜献珍蒸し(写真右端上)だが、7月には時鮭塩焼き、8月には蒸し鯛香り餡掛けになる
ANAファーストクラスの座席
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す