第33回 世界最高峰のジャズ・ヴォーカリストのすべてを網羅『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第33回 世界最高峰のジャズ・ヴォーカリストのすべてを網羅『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』

文・後藤雅洋

プロフィール   バックナンバー   ミュージック・ストリート トップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

 前回から始まった、現代ジャズシーンの新しい動向をお伝えするシリーズの2回目です。ここ数年の新譜の動きで著しいのは、ヴォーカルの進出です。前回ご紹介したホセ・ジェームスはじめ、グレゴリー・ポーターやベッカ・スティーヴンス、そしてグレッチェン・パーラトといった新しいタイプのヴォーカリストが次々にシーンに登場しています。

 また、このところ話題となっているロバート・グラスパーにしても、たとえば『ブラック・レディオ』では、エリカ・バドゥの参加が注目されました。こうした傾向は一昔前には考えられなかったことです。要するに、インストジャズとヴォーカルの垣根が取り払われたのですね。

 こうした動向を踏まえ、現在私が監修している小学館の隔週刊行CDつきマガジンの第3弾は、『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』と決定いたしました。創刊は4月19日。現在刊行中の『ジャズの巨人』シリーズと同じで、全26巻を1年に渡ってお届けいたします。ちなみに創刊号は付属CD10曲つきで、なんと特価500円です!

 内容はジャズ・ヴォーカルに興味を持った方向けに、それこそ世界最高峰のジャズ・ヴォーカリストのすべてを網羅しています。「エラ・サラ・カーメン」と並び称された3大黒人女性歌手は言うまでもなく、ジャズ・ヴォーカルの別格的大物ビリー・ホリディ、そして白人女性ヴォーカルの第一人者、アニタ・オディを筆頭に、日本で人気のヘレン・メリル、クールな歌声が特徴のジューン・クリスティなど女性ヴォーカリストだけでなく、ジャズ・ヴォーカルの元祖と言われたルイ・アームストロングなど、男性ヴォーカリストも充実しています。

 目玉とも言えるのは、アメリカン・ポピュラー・ミュージックの象徴的存在、フランク・シナトラを2号に渡ってご紹介しているところでしょう。また、シナトラと並んでポピュラー、ジャズの両方で大活躍した黒人男性歌手ナット・キング・コールも、良く知られた《モナ・リザ》《アンフォゲッタブル》といったポピュラーチューンから、ジャズ・スタンダード《スターダスト》まで、幅広く収録しております。

 ちょっと異色なのは「昭和のジャズ歌」として、「元祖3人娘」言われた美空ひばり、江利チエミ、雪村いずみらの魅力的なジャズ・ヴォーカルも収録しているところですね。「歌謡曲」あるいは「演歌歌手」のイメージが強い美空ひばりのどジャズ歌唱《恋人よ我に帰れ》は、聴けば目からウロコの素晴らしさ。

 そしてもちろんヴォーカル・グループの巻やボサ・ノヴァ特集、映画音楽特集、また作曲家シリーズとしてジョージ・ガーシュウィンの楽曲を集めたシリーズなど、とにかくジャズ・ヴォーカルのすべてが網羅されております。

 このシリーズの目的は、まずはジャズ・ヴォーカルに気軽に親しんでいただくところにあるので、ミュージシャンの経歴に始まり、知られざるエピソード、曲ごとの聴き所解説など、他の音楽ジャンルとは一味違ったジャズ・ヴォーカルの魅力を具体的にご紹介して行きます。また、シリーズ最後の巻は「現代のジャズ・ヴォーカル」として、冒頭にお話した現代ジャズ・シーンの動向と絡め、ジャズ・ヴォーカルの歴史的全体像が見渡せるよう配慮いたしました。

 なお、創刊記念イヴェントを4月23日(土曜日)午後3時30分より、私が経営する四谷のジャズ喫茶「いーぐる」にて行います。予約の必要は無く、飲食代金のみでご参加いただけます。当日は創刊号の即売もいたします。プレゼントあり。ジャズ・ヴォーカルに関心のあるファンの皆様方、ぜひお気軽にお越しください。 [次回4/25(月)更新予定]


(更新 2016.3.22 )


バックナンバー   コラム一覧   ミュージック・ストリート トップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

後藤 雅洋(ごとう・まさひろ)

ジャズ喫茶店主、ジャズ評論家、ジャズサイトcom-post同人http://com-post.jp/。自ら経営する「いーぐる」でジャズを中心に幅広い音楽ジャンルの連続講演をそれぞれの専門家の方々にお願いし開催、現在495回を迎える。近著『一生モノのジャズ名盤500』(小学館101新書)『ジャズ耳の鍛え方』(NTT出版)『ジャズ・レーベル完全入門・増補版』(河出書房新社)。ブログ「いーぐる後藤の新ジャズ日記」http://d.hatena.ne.jp/eaglegoto/

あわせて読みたい あわせて読みたい