「ひとりでビール」は体に悪い? ビールを健康的に飲む意外な方法 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ひとりでビール」は体に悪い? ビールを健康的に飲む意外な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#食

 暑くなると、無性に飲みたくなるのがビール。しかし、あまりのおいしさについ飲みすぎる上に、脂っぽく塩辛いおつまみを頼んでしまいがちだ。サッポロビール認定ビールアドバイザー・権藤新之介さんによると、ビールを飲むことで尿などと一緒にミネラル分が排出されるために、無意識に塩分を欲することが要因だという。これを防ぐには「酔いを抑えること」だそうだ。

「一気に酔わないよう、ビールと一緒に、すぐに出てくるような食べ物も1品頼む習慣をつけるといいですよ。『とりあえずビールと枝豆』とか」(権藤さん)

 もうひとつ、帯津三敬病院(埼玉県)の帯津良一・名誉院長は「昼間に水分を十分にとることが大事」だと教えてくれた。

「のどが渇いた状態にするのは、ビールを飲む直前だけでいい。何時間ものどがカラカラだと血液が濃くなって危険ですからね。ある程度の年齢になって、渇きをがまんして一気にビールを飲んだら、脳梗塞にもなりかねません」

 また、ビールを飲む「環境」も重要だという。

「大事なのは、どこで、だれと飲むか。夜景を眺めるなどして開放感にひたり、さらに、ひとりっきりよりはおしゃべりしながら飲むのがいい。お酒は、リラックス効果を引き出しやすくなります。これによって免疫力、自然治癒力が高まるんです。気分が上がれば病気にもなりにくくなりますよ」(同)

※週刊朝日 2012年7月20日号


トップにもどる ライフ記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい