「出産と子育て」に関する記事一覧

  • 間違った「ねんねサイン」が原因!やっと寝たのに号泣……エンドレス夜泣きをなくす方法

     イギリスのカリスマ・ナニー、ジーナ・フォードさんによる『ジーナ式 カリスマ・ナニーが教える 赤ちゃんとおかあさんの快眠講座』。夜泣きのひどい赤ちゃんが寝てくれるようになる魔法のメソッドとして、世界中

    dot.

    5/5

  • 小林照子

    小林照子

    「孫の世話」問題どこからが“甘え”なのか? 見落としがちな親の人生とは…

     人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子

    dot.

    5/4

  • 石井志昂

    石井志昂

    ヨシタケシンスケが語る“逃げる人生”の極意「空想の小人だけが理解者、夢なんかなかった」

     新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、仕事も学校も自粛を余儀なくされ、思い通りにいかない状況にストレスを抱えている人も多いはず。全国不登校新聞の編集長、石井志昂さんはそんなときこそ、「生きづらい人

    dot.

    4/29

  • 厳しすぎてクレーム殺到? スパルタ育児法「ジーナ式」を「ゆる~く」実践した結果…

     子どもの夜泣きの改善法のひとつとして、イギリスのカリスマ・ナニーが提唱する「ジーナ式」という方法があると聞き、10カ月の長男の夜泣きに悩むライターが実践してみることに。しかし、書籍『ジーナ式 カリス

    dot.

    4/23

  • 寝ない我が子に「屍作戦」…“軍隊みたい”な育児法「ジーナ式」を実践してみた

     参った。9カ月過ぎから始まった長男の夜泣きが、ここまで大変だとは思ってもみなかった。毎日寝かしつけに1時間以上。なのに1時間半もすれば目を覚まし、朝までに最低3回は泣いて目を覚ます。時には深夜にどう

    dot.

    4/22

  • 子どもの「好きな食べ物」は「妊娠中の食事」で決まる?

    ●赤ちゃんは母親の食事を一緒に味わっている 味覚をつかさどる組織は、妊娠8週を迎える頃までは出現しない。とはいえ、その組織ができたとたんに、なにかを味わう能力がそなわるわけでもない。味がわかるようにな

    ダイヤモンド・オンライン

    4/20

この人と一緒に考える

  • 子どもを保育園に通わせていいの? 「幼児がウイルスを広げることもある」と専門家

     新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、緊急事態宣言の対象地域が16日、ついに全国に広げられた。各都道府県の知事は法令に基づいて外出やイベントの自粛要請をおこなうことができる。商業施設などでは営業自粛の

    dot.

    4/20

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 “モンスター”佐藤二朗の底知れぬ魅力と、この連載を読んでほしくないワケ

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、“モンスター

    dot.

    4/16

  • “保育士ツイート”で炎上のつるの剛士が語る子育て「育休は“家庭訓練”に変えるべき」

     1月14日、保育士の資格取得を目指していたタレント・つるの剛士(44)のこんなツイートが炎上騒ぎに発展した。「5児父親… ウルトラマン変身の資格… チャギントンお兄さん歴

    dot.

    4/11

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 志村けんさんの笑いに救われた 新型ウイルスの影響で難航する「浦安鉄筋家族」ロケ現場

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、新型コロナウイルスによる

    dot.

    4/2

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 ばんそうこう貼って欲しさにチビが放った“予想外”の一言とは?

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、新型コロナウイルスの影響

    dot.

    3/19

  • 休校でネット三昧に「普段の帰宅時間までオフ」で対策も 専門家に聞く「親子の不安を和らげる過ごし方」

     全国のほとんどの学校で臨時休校が始まった。まだ先は長い。これまでにない不安とストレスを親と子はどう乗り越えればいいのか。AERA2020年3月16日号は、専門家と一緒に考えた。*  *  * 休校初

    AERA

    3/10

この話題を考える

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀「新型コロナウイルスが奪うのは健康だけじゃない」子を持ってわかったこと

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、新型コロナウイルスの影響

    dot.

    3/5

  • 保活の“悲劇” 20件の見学が無駄に、入園できても仕事続けられず…憤る親たち

     今年の保活も「不承諾」の嵐が吹き荒れた。いくら保育園の数が増えても、入りたい園に入れないミスマッチの問題が背景にある。保活の実態は──。AERA 2020年3月2日号では、保活に悩む親たちを取材した

    AERA

    3/1

  • 保活の“ミスマッチ”に斬新アイデア 明石市が「パークアンドライド」導入

     例年、多くの親たちを悩ませている保活。厚生労働省は、今年の待機児童数は過去最少だったと発表しているが、それでも希望した保育園に入れない保活の“ミスマッチ”は後を絶たない。しか

    AERA

    3/1

  • PTA役員の“裏活動” P連イベント動員圧力は「断っても平気」なの?

     PTA活動はなぜ強制参加? 非効率すぎ、変えられない・変わらない……そんなPTA問題の核心をズバリ表現する「2コマでPTAを叫ぶ母」さんのマンガを題材に、PTA問題に詳し

    dot.

    2/28

  • 大井美紗子

    大井美紗子

    アメリカでもマスク不足 マスクがないとき咳・くしゃみは手のひらでなく「ここ」で押さえる!

     新型コロナウイルス感染症の影響で、マスク不足が起きています。私の住むアメリカでも、実店舗やオンラインショップの在庫がどんどんなくなっています。アメリカではマスクは予防のためではなく自分のウイルスを広

    AERA

    2/25

  • 石川幹人

    石川幹人

    「片づけ」が楽しくなる簡単な方法とは? <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます>

    「人間は進化したら何になるの?」「どうして、“わたし”は“わたし”なの?」 発想豊かな子どもの疑問に大学教授が本気で答える連載「子どもの疑問に学者が本気

    dot.

    2/22

2 3 4 5 6

カテゴリから探す