コロナ禍の就活を徹底取材「試されるのは実は企業」/人物ルポ「現在の肖像」はkemioさん |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍の就活を徹底取材「試されるのは実は企業」/人物ルポ「現在の肖像」はkemioさん

6月1日発売のAERA 6月8日号で/「ポストコロナの行方」も総力取材

このエントリーをはてなブックマークに追加

 AERA 6月8日号は、巻頭で「コロナ禍の就活」を徹底取材。新型コロナウイルスの感染拡大が、2021年卒の大学生の就活にどんな影響を与えたのかをレポートします。夏に五輪が予定されていたこともあり、例年よりも早期化するといわれていた就職戦線は一転、「長期化」の様相。一方で、「売り手市場」が覆ることはなく、リモート就活元年ともいえる今年は、逆に企業の臨機応変な対応が試されることになります。第2特集は「ポストコロナの行方」。働き方、格差など多様な視点でこれからの社会を読み解きます。人物ルポ「現代の肖像」には、動画クリエーターのkemioさんが登場。表紙は俳優の小芝風花さんです。

 2021年卒の就活は、夏に東京五輪が開かれることを考慮して7月には収束、例年以上に早期化する――と言われていました。ところが、新型コロナウイルスの感染が拡大。五輪の延期が決まっただけではなく、大きな会場に集まって一堂に会することができなくなりました。大きな影響を受けたのは、4月や5月に予定されていた企業説明会。大規模なものから小さなものまで、軒並み中止となり、例年よりも早いペースで進んでいた就職活動は、足踏みを余儀なくされました。ついに緊急事態宣言が解除され、来週からは6月。中断したり、一気にリモート化したりした就活がこれからどうなるのか。AERA6月8日号で、徹底取材しました。

 取材の結果見えてきたのは、企業の臨機応変な対応が試される年になる、ということです。人手不足が続く中、一気に買い手市場に雪崩を打つようなことは予想しにくく、企業は、オンラインでのコミュニケーションに長けた学生たちを引きつけなければなりません。特集では、人気企業19社の採用状況アンケートや、難関18大学の就職状況アンケートも掲載。「リモート元年」ならではの、丸2日つなぎっぱなしで課題解決→プレゼン→懇親会までを完結させたワークスヒューマンインテリジェンス社のインターンシップの様子もルポしています。

 第2特集は、「ポストコロナ社会の行方」。緊急事態宣言の解除で、「原則在宅」が「原則出社」に戻りつつあります。「コロナ以前」のような出勤風景が再び見られるようになり、電車もけっこう混雑しています。不安な気持ちを抱きながら、やむを得ず通勤している方も多いでしょう。記事では、ほぼ閉め切った教室やオフィスのような空間で咳をした際のしぶきの動きをシミュレーションした専門家などに取材。第2波を防ぐカギを探っています。肉親を失うという大きな悲しみに直面しながら、最期の時をともに過ごすことも、手を握ることも、葬儀を行うこともできずにいる遺族へのグリーフケアの重要性や、貧困家庭や路上生活者への支援の必要性についても取材しています。

 さらにこの号では、人物ノンフィクション連載「現代の肖像」に動画クリエーターのkemioさんが登場しています。自由奔放な怒濤の早口で、日常のあらゆることを動画にしてしまうkemioさん。YouTube、Twitter、Instagramの累計フォロワーは430万人にも上ります。この人の何が、人々を引きつけているのか。家族や友人、担当編集者など、多くの人の証言を交えて、迫ります。

 ほかにも、
・小芝風花「作品にとって極上のスパイスになりたい」
・「愛の不時着」でいまを生き抜く
・コロナ禍のアラスカ滞在記「分け合うことでつながっている」
・プリンを巡る幸せな分断 ムチムチ固めvs.トロトロ柔らかめ
・喜久子妃が語った愛子天皇の可能性
・9月入学「来年実施」なら人災だ
・本田圭佑が投資ファンド設立「幸福への挑戦に一票を投じたい」
・テラスハウス 木村花さんを追い詰めた「ヘイトウォッチング」
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第22回 「炭労との誌上討論会」
 などの記事を掲載しています。

 AERA(アエラ)2020年6月8日号
発売日:2020年6月1日(月曜日)
定価:364円+税
https://www.amazon.co.jp/dp/B088N2DKRM


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい