NEWS加藤シゲアキさん自身初のエッセイ集『できることならスティードで』発売決定!

「小説トリッパー」での連載が一冊に!『ベストエッセイ』にも選ばれた1編ほか書き下ろし掌編小説も

2020/01/30 12:39

 NEWSの加藤シゲアキさんが文芸誌「小説トリッパー」に連載したエッセイ「できることならスティードで」の単行本化が決まりました(朝日新聞出版刊、3月6日発売予定)。連載にプラスして書き下ろしエッセイ1編と掌編小説3編が加わり、加藤さん撮影の写真も収載。アイドルと作家という二つの顔を持つ加藤さんが、一人の青年としてもがきながらも、まっすぐに自分と対峙し、自らの道を見据えていく姿は清々しい読後感をもたらします。すべての悩める人の「人生という旅」の伴走者ともなりうる、著者の新たな代表作が誕生しました。

あわせて読みたい

  • 加藤シゲアキさんがAERA表紙に初登場!撮影は蜷川実花

    加藤シゲアキさんがAERA表紙に初登場!撮影は蜷川実花

    2/28

    NEWS加藤シゲアキさんが週刊朝日の表紙に登場! 新刊から掌編小説も先行特別掲載

    NEWS加藤シゲアキさんが週刊朝日の表紙に登場! 新刊から掌編小説も先行特別掲載

    3/2

  • NEWS加藤シゲアキ 文芸誌『小説トリッパー』で“旅”をテーマにエッセイ新連載

    NEWS加藤シゲアキ 文芸誌『小説トリッパー』で“旅”をテーマにエッセイ新連載

    Billboard JAPAN

    11/17

    「誠実であるために書き続けたい」 作家・加藤シゲアキが語る「書くこと」の意味

    「誠実であるために書き続けたい」 作家・加藤シゲアキが語る「書くこと」の意味

    AERA

    3/11

  • 「ジャニーさんへの恩は芸能で返す」 加藤シゲアキ、作家デビュー9年目迎え新境地へ

    「ジャニーさんへの恩は芸能で返す」 加藤シゲアキ、作家デビュー9年目迎え新境地へ

    AERA

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す