うんちの行方

話題の新刊

2021/03/12 10:30

 出物腫れ物所嫌わず。本書の主役は「ウンチ」である。水洗トイレ普及率90%以上の日本では、どこでも快適に用が足せる。だが果たして私たちは、あの水流の向こうの世界を想像したことがあっただろうか。

あわせて読みたい

  • 待ったなしのごみ問題から地球と未来の子供たちを救うには?5月30日「ごみゼロの日」

    待ったなしのごみ問題から地球と未来の子供たちを救うには?5月30日「ごみゼロの日」

    tenki.jp

    5/30

    下水調査で変異ウイルスも感染状況もリアルタイムで把握できる なぜ日本は遅いのか

    下水調査で変異ウイルスも感染状況もリアルタイムで把握できる なぜ日本は遅いのか

    AERA

    4/14

  • 東京五輪会場のお台場に砂を投入しても、水質改善効果が疑問視されるワケ

    東京五輪会場のお台場に砂を投入しても、水質改善効果が疑問視されるワケ

    週刊朝日

    2/17

    【新型コロナ】下水調査が世界で広がる理由 シンガポールは徹底策で国内感染者実質ゼロ

    【新型コロナ】下水調査が世界で広がる理由 シンガポールは徹底策で国内感染者実質ゼロ

    AERA

    4/13

  • 野ぐそ歴46年! 「ウンコロジー入門」著者が実践する“自然との共生”

    野ぐそ歴46年! 「ウンコロジー入門」著者が実践する“自然との共生”

    dot.

    12/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す