谷崎潤一郎 性慾と文学

話題の新刊

2020/12/11 11:00

 2017年6月に決定版の全集が完結し、未発表の資料がなくなったのを機に、文豪<谷崎潤一郎>誕生の道筋を跡づけたいとの思いで本書を書きはじめたという著者。それが期せずして谷崎の「性慾史」の記述となり、予想もしていなかった書名に結びついてしまったという。それも道理で、第1作『刺青』から晩年の『鍵』『瘋癲老人日記』等に至るまで、谷崎のビブリオグラフィはほぼ全期間にわたってなんらかの形で「性慾」に色づけられている。

あわせて読みたい

  • 文豪・谷崎潤一郎が愛した女たち

    文豪・谷崎潤一郎が愛した女たち

    BOOKSTAND

    1/5

    「下僕として使って...」文豪・谷崎潤一郎、妻との

    「下僕として使って...」文豪・谷崎潤一郎、妻との"佐助ごっこ"

    BOOKSTAND

    2/19

  • 貴方は『細雪』の何処が好き?―弥生美術館から再発見する谷崎潤一郎―

    貴方は『細雪』の何処が好き?―弥生美術館から再発見する谷崎潤一郎―

    tenki.jp

    4/25

    永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    週刊朝日

    10/6

  • 生涯で40回以上 “引っ越し魔”谷崎潤一郎が愛した有馬の秘湯とは

    生涯で40回以上 “引っ越し魔”谷崎潤一郎が愛した有馬の秘湯とは

    11/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す