歪んだ正義 「普通の人」がなぜ過激化するのか

話題の新刊

2020/09/18 17:09

 テロリズムが起こると、宗教や貧困、移民であることが原因とされることが多い。しかし、同じ状況下でも行為に手を染めない者もいる。本書は、表面的な分析から一歩踏み込み、ジャーナリズムとアカデミズム双方の視点から「過激化のメカニズム」に迫った大変ユニークな本だ。

あわせて読みたい

  • 唾を入れたスプレーでウイルス拡散計画も コロナ禍がもたらすテロの脅威

    唾を入れたスプレーでウイルス拡散計画も コロナ禍がもたらすテロの脅威

    dot.

    4/30

    米国VSイランの緊張続く  同盟国の日本でローンウルフ型テロの危険も

    米国VSイランの緊張続く  同盟国の日本でローンウルフ型テロの危険も

    週刊朝日

    1/11

  • 新宿、渋谷、東京駅…防げない「五輪テロ」への対策は?

    新宿、渋谷、東京駅…防げない「五輪テロ」への対策は?

    週刊朝日

    6/2

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『暗幕のゲルニカ』――ピカソの名画「ゲルニカ」をめぐる絵画ミステリー

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『暗幕のゲルニカ』――ピカソの名画「ゲルニカ」をめぐる絵画ミステリー

    BOOKSTAND

    2/6

  • ISの拠点がベルギーに? 報じられないシリア内戦の悲劇

    ISの拠点がベルギーに? 報じられないシリア内戦の悲劇

    週刊朝日

    11/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す