書評『たやすみなさい』岡野大嗣著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

たやすみなさい 岡野大嗣著

このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤明日香書評#話題の新刊

《きみはきみわたしはわたし頷きの仕草こんなに似てはいるけど》

 1980年生まれの著者の、5年ぶりとなる第2歌集。

 これまで短歌史において、短歌の主体は「著者=私」とされるのが一般的だった。しかし、本書のあとがきによれば、収められている短歌の主体は、「気分」と、その気分の背景にある「時間と光景」だという。であれば、それは特定の「私」に限定されない。

 だから読者は、短歌に詠まれた「気分」をそれぞれ自分のなかに発見し、共感する。けれども、背景にある「時間と光景」は、実は一人ひとり異なっている。きみはきみ、わたしはわたし。その「時間と光景のささやかな差異」に、耳をすませながら読み進めたい。

《たやすみ、は自分のためのおやすみで「たやすく眠れますように」の意》

(後藤明日香)

週刊朝日  2020年2月21日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい